研究活動
Research Activity and Books

  • 武蔵由佳・河村茂雄. (2017). 通常学級に在籍する特別支援の必要な児童の学級生活満足感とスクールモラールの学級の雰囲気による差異の検討. 学級経営心理学研究,6,19-25.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2017). 通常学級における特別支援の必要な児童の学級生活満足感の実態―非対象児との比較を通して―. 学級経営心理学研究,6,11-17.
  • 深沢和彦・河村茂雄. (2017). 小学校通常学級における特別支援対象児在籍数と周囲児の学級適応感の検討. 学級経営心理学研究,6,1-10.
  • 武蔵由佳・河村茂雄. (2016). 大学生における学校生活満足度と学校生活意欲との関連. 教育カウンセリング研究,7,35-44.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2016). 小学校におけるアクティブラーニング型授業の実施に関する一考察
    ―現状の学級集団の状態からの検討―. 教育カウンセリング研究,7,1-10.
  • 河村茂雄. (2016). 担任教員が学級集団づくりに困難さを抱える要因の検討 : 自己調整の視点から. 学級経営心理学研究,5,1-8.
  • 熊谷圭二郎・河村茂雄. (2015). 教育相談担当として関わった無気力な高校1年生男子との面接事例
    ―勇気づけと学校行事の活用を通して―. 学級経営心理学研究, 4, 64-73.
  • 河村昭博・武蔵由佳・河村茂雄. (2015). 小中学校の教員のユーモア行動測定尺度の作成. 学級経営心理学研究, 4, 38-45.
  • 武蔵由佳・河村茂雄. (2015). 小学校における学級集団の状態像と児童の学級生活意欲およびソーシャルスキルとの関連. 学級経営心理学研究, 4, 29-37.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2015). 教員組織の実際の探索的検討. 学級経営心理学研究, 4, 22-28.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2015). 中学校の学級集団内の教育的相互作用と集団同一視を測定する尺度の作成. 学級経営心理学研究, 4, 10-21.
  • 吉江昭子・河村茂雄. (2014). 教員志望学生の大学期における職業レディネス形成に関する研究. 学級経営心理学研究, 3, 42-51.
  • 小泉智巳・河村茂雄. (2014). 児童の家族認知に対するFamily System Test を用いた探索的研究
    -学級満足度、学校生活意欲、家族からのソーシャルサポート,ストレッサーとの関連-. 学級経営心理学研究, 3, 11-24.
  • 河村茂雄・武蔵由佳・藤原和政. (2014). 教員組織への所属意識を測定する尺度の開発.  学級経営心理学研究, 3, 52-65.
  • 武蔵由佳・箭本佳己・品田笑子・河村茂雄. (2013). 大学生における学校生活満足感と精神的健康との関連の検討. カウンセリング研究,45(3), 165-174.
  • 河村茂雄. (2013). 教育的相互作用の高い学級集団の発達過程と教師の指導行動の関係の検討. 学級経営心理学研究, 2, 22-35.
  • 小泉智巳・河村茂雄. (2013). 小学生の学級生活満足度に対する家族関係におけるソーシャル・サポート,ストレッサーの影響についての一考察. 学級経営心理学研究, 2, 8-21.
  • 藤村一夫・河村茂雄. (2013). 学級生活満足度のタイプによる児童認知と教師認知のずれの実態と要因. 学級経営心理学研究, 2, 1-7.
  • 小野寺正己・河村茂雄. (2012). 学級における教師と生徒との関係研究の動向. 学級経営心理学研究, 1,91-102.
  • 佐藤謙二・河村茂雄. (2012). 震災復旧時の学校・学級の対応
    -1つの校舎で2つの中学校の生徒たちが生活・活動した実践記録から-. 学級経営心理学研究, 1,88-90.
  • 藤村一夫・河村茂雄. (2012). チームを組んでの学校不適応児童への援助-学級集団の教育力を生かして-. 学級経営心理学研究, 1,82-87.
  • 川俣理恵・河村茂雄. (2012). 現代大学生の友人関係とアイデンティティ形成との関連の検討. 学級経営心理学研究, 1,51-58.
  • 武蔵由佳・河村茂雄・藤村一夫・苅間澤勇人. (2012). 児童が学級生活で活用しているソーシャルスキルと心理的ストレスとの関連. 学級経営心理学研究, 1,44-50.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2012). 学級集団内の教育的相互作用と集団同一視を測定する尺度の作成. 学級経営心理学研究, 1,32-43.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2012). 学級集団の状態と教育的相互作用の関係の検討. 学級経営心理学研究, 1,21-31.
  • 藤原和政・河村茂雄. (2012). 高校教師の教師特有のビリーフに関する一研究-学校タイプの視点から-. 学級経営心理学研究, 1,13-20.
  • 深沢和彦・河村茂雄. (2012). 小学校通常学級における特別支援対象児の学級適応の現状. 学級経営心理学研究, 1,2-12.
  • 河村茂雄. (2012). 被災復旧時における通常の学校教育の展開と児童生徒たちの心のケアの両立を目指した取組
    ―学級経営の視点から―. 教育学研究, 79(4), 354-366.
  • 河村茂雄. (2012). 学級集団理解に基づく学級経営の必要性と取組. 生徒指導学研究, 11, 7-12.
  • 西村多久磨・河村茂雄・櫻井茂男. (2011). 自律的な学習動機づけとメタ認知方略が学業成績を予測するプロセス
    -内発的な学習動機づけは学業成績を予測することができるのか?-. 教育心理学研究, 59(1), 77-87.
  • 西村多久磨・河村茂雄. (2010). 動機づけタイプによる学習スキルの無気力への効果
    -中学生のテスト期間におけるコーピングモデルの作成-. カウンセリング研究, 43(1), 12-21.
  • 河村茂雄・藤原和政. (2010). 高校生の学校適応を促進するための援助に関する研究
    -学校タイプ、学校生活満足度の視点から-. 学校心理学研究, 10(1), 53-62.
  • 武蔵由佳・河村茂雄. (2009). アイデンティティ形成を促進するための心理教育的援助
    -構成的グループ・エンカウンターの実践から-. カウンセリング研究, 42(2), 11-21.
  • 河村茂雄・武蔵由佳. (2008). 一学級の児童生徒数と児童生徒の学力・学級生活満足度との関係. 教育カウンセリング研究, 2, 8-15.