Home Working Paper 情報システムの経路依存性に関する研究
Working Paper Working Paper

情報システムの経路依存性に関する研究

― セブン-イレブンのビジネスシステムを通じた検討 ― 根来 龍之(早稲田大学IT戦略研究所所長・大学院商学研究科教授)
向 正道

要旨

 近年、情報システムは、大型化、複雑化する傾向にあり、情報システムがどのよう競争優位に貢献するのか、その因果関係を示すことが非常に困難なものとなってきた。同時に、情報技術(IT)自体のコモディティ化の進展により、情報技術(IT)は長期的な差別化に貢献しないとも言われている。

 本稿では、大型化、複雑化する情報システムに対し、優れた情報システムを持つと言われている企業の事例を分析することにより、経路依存性の観点から、情報システムの競争優位性への貢献を示す。

 分析フレームワークとして、ドメインと収益モデルの基本ロジックを示す「コアロジック図」と、資源-活動論の観点からビジネスシステムを表現する「差別化システム図」を用いる。事例としてセブン-イレブンを取り上げ、情報システムの差別化貢献への間接性、活用ノウハウとの結合等、セブン-イレブンの競争優位性への情報システムの貢献について分析を行う。同時に、情報システムや活動のコモディティ化(業界標準化)の進展の中で、なぜセブン-イレブンが長期の競争優位性を維持できるのか、ビジネスシステムの経路依存的発展について、差別化システムの分析によって明らかにする。

掲載

2007年8月掲載

PDFファイル

PDF

Working Paper 一覧へ戻る

Page Top