Home Working Paper 規格間ブリッジ
Working Paper Working Paper

規格間ブリッジ

-標準化におけるネットワーク外部性のコントロール- 長内 厚(神戸大学経済経営研究所准教授)
伊吹 勇亮(京都産業大学経営学部准教授)
中本 龍市(日本学術振興会特別研究員
京都大学大学院経済学研究科博士後期課程)

要旨

従来のデファクト・スタンダードに関する議論では、「いかにしてデファクトを取るか」が関心の中心であった。本稿では、規格化のメインプレーヤーではない「周縁企業」が、デジタル技術が可能にした「後からの互換性」の確保を行うことによって、ネットワーク外部性の効果をコントロールし、規格提唱企業と同等かそれ以上の競争優位を確保する「規格間ブリッジ」の可能性について検討する。」

キーワード

デファクト・スタンダード、 ネットワーク外部性、 規格間ブリッジ、周縁企業

掲載

2011年3月掲載

PDFファイル

PDF

Working Paper 一覧へ戻る

Page Top