Home Case Study フォトハイウェイ・ジャパン:無料ビジネスからの脱皮
Case Study Case Study

フォトハイウェイ・ジャパン:無料ビジネスからの脱皮

鍛地研介

要旨

株式会社フォトハイウェイ・ジャパンは2000年6月、国内で初めてオンラインフォトアルバムのサービスを開始し、事業をスタートさせた独立系のベンチャー企業である。当初、このサービスは一般消費者に対し無料で提供されていたが、同社はその後携帯電話向けサービスや企業向けASPサービスなどの有料サービスを徐々に手がけてゆき、2003年3月、事業の中核であるアルバムサービスを完全有料化に踏み切る決断をする。このケースは、同社の経営戦略を収益モデルに焦点をあてて記述したものである。

掲載

2005年7月12日掲載

PDFファイル

PDF

Case Study 一覧へ戻る

Page Top