Home Case Study UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE(2000~2006)
Case Study Case Study

UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE(2000~2006)

木村誠

要旨

UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE(UCGO)は4年以上の開発期間を経て2005年9月29日に正式サービスを開始したPC向けMMORPG(Massive Multiplayer Online Role Playing Game:大規模多人数オンラインロールプレイングゲーム)である。UCGOは1979年にテレビ放送されたガンダム・シリーズの第1作「機動戦士ガンダム」で描かれた「宇宙世紀0079年における1年戦争」の世界が完全3Dグラフィックで再現されている。cheat、dupe、macroの使用は不正行為である。

プレイヤーたちはゲーム仕様と開発進捗にさまざまな不満を持ちながらも、楽しくプレイをするために独自ルール(local rule)を採用、オンラインマニュアルの作成と公開、日々の戦闘活動の記録と公開、プレイを補完するための外部ソフトウェアの並列的使用を行った。UCGOの部隊システム実装後には部隊内プレイヤー間そして部隊間におけるジャーゴン(専門用語)、プレイスタイルの共有が一挙に進行していった。

掲載

2007年4月10日掲載

PDFファイル

PDF

Case Study 一覧へ戻る

Page Top