Home 研究活動 出版物 プラットフォーマー 勝者の法則 コミュニティとネットワークの力を爆発させる方法
Publication 出版物

プラットフォーマー 勝者の法則 コミュニティとネットワークの力を爆発させる方法

ロール・クレア・レイエ (著), ブノワ・レイエ (著), 根来 龍之 (翻訳), 門脇 弘典 (翻訳)

内容紹介

こうすれば、アマゾンやアップルになれる!

もともと伝統的な小売業者、製造業者だった彼らは、いかにしてプラットフォーマーとなったか。ビジネスモデルを設計、点火、上昇、安定させる方法(ロケットモデル)を明らかにする。
プラットフォームビジネスの実践ガイド。

これまでのビジネスモデルと何が違うか?

ウーバーは世界最大のタクシー会社だが、クルマを1台も所有していない。
フェイスブックは世界一の人気メディアだが、コンテンツをまったく生み出さない。
アリババは世界一の流通企業だが、在庫をまったく持たない。
エアビーアンドビーは世界最大の宿泊提供者だが、不動産を所有していない。
――トム・グッドウィン(ゼニスメディア副社長)

プラットフォーム自体は生産も販売もしないが、2つ以上の顧客グループ(ウーバーならドライバーと乗客)を誘致して仲介し、お互いに取引できるようにすることで、大きな価値を生み出している。本書は、プラットフォームビジネスと伝統的ビジネスモデルの違い、そこで働く経済原理、プラットフォームビジネスならではの成功法則(ライフステージごとに直面する課題と対応策)を明らかにする。

プラットフォームビジネスを立ち上げるための「ロケットモデル」

たとえば、プラットフォームを立ち上げるために必要な手間と労力。それは「ロケット」の打ち上げにも匹敵する。2つ以上ある市場(サイド)に人を集め、それぞれに拡大策とマーケティングを実施する必要がある。プラットフォームを始動するというのは、2つの会社を同時に起業するようなものだと言ってよい。
さらには、両サイドの市場で顧客基盤を拡大して「クリティカルマス」に到達させるという、伝統的企業にはない高いハードルもある。
しかし、いったんクリティカルマスに到達してしまえば、ロケット(プラットフォーム)が飛び続けるための推進力は少なくて済む。地球脱出速度まで加速してしまえば、「ネットワーク効果」のおかげで重力は弱まる。

アマゾンやアップルはビジネスのルールをどう書き換えたのか?

伝統的企業も、プラットフォーム企業に転身する、あるいは既存のビジネスモデルにプラットフォームを付加することができる。
その典型がアマゾンやアップル。もともと伝統的なビジネスモデル(小売業、製造業)から出発した彼らは、それにプラットフォームを組み合わせることで急成長を遂げた。複数のビジネスモデルが互いに補完し合い、顧客への「価値提案」が盤石になっていく仕組みを掘り下げる。
また、価格設定や信頼構築など、プラットフォームに不可欠な戦略や、規制や競争など、プラットフォームを取り巻く課題についても取り上げる。

出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2019年3月
ISDN:4532322626
価格:2,160円(税込)

リンク先

Amazon

出版物 一覧へ戻る

Page Top