Home 研究活動 研究プロジェクト
Activities 研究活動

Research Project 研究プロジェクト

  • 早稲田大学IT戦略研究所・株式会社スペースマーケット共同研究プロジェクト

    2016年10月~

    早稲田大学IT戦略研究所(プロジェクトメンバー、根来龍之、浮池孔洸)は、株式会社スペースマーケット(代表取締役CEO:重松大輔)と共同でスペースマーケット利用者の実態把握調査を行いました。

    同社は、球場からお寺までユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借り出来るマーケットプレイス「スペースマーケット」(https://spacemarket.com/)を運営する、シェアリングサービスの代表企業のひとつです。

    今後、得られた調査データに基づき、シェアリングサービスの信頼形成に関する研究を共同でさらに行っていく予定です。

    ニュースリリース

    研究成果 「シェアリングサービス利用者調査共同調査報告 2017年1月30日」

  • 「HOPE80(Hakone Odawara Point for Ecosystem improvement by -80% of CO2」

    2009年4月~

    東京農工大学・早稲田大学IT戦略研究所共同研究プロジェクト
    (研究メンバー:東京農工大学:亀山秀雄,野地英昭,中山政行,佐藤秀明,林和希早稲田大学IT戦略研究所:根来龍之,大竹慎太郎,工敬一郎)
    詳細:http://hope80.jp/

    本プロジェクトの活動を通し、箱根・小田原地域に生活実利を伴ったCO2削減を実現します。そして、本モデルを体系化し、他の地域へ波及させることで日本全国の観光地の活性化に貢献します。

  • 「金融産業におけるとIT戦略の研究」

    2006年10月~2008年3月

    大和総研との共同研究

  • 「産業モジュール時代の企業間利益格差の研究」

    2006年4月~2010年3月

    NTTデータ株式会社との共同研究

    成果:根来 龍之,稲葉 由貴子「事業形態・独自資源と収益率格差との関係─財務データ分析をふまえた資源ベース戦略論の発展─」(経営情報学会誌

  • 「コンピュータベンダー、ソフトウェアベンダーのMOT研修の実施」

    (研究メンバー:根来龍之、井上達彦)
    NEC様、NECST様のMOT社内研修への協力

  • 「通信キャリアのビジネスモデル研究」

    通信キャリア様の社内研究への協力

  • 「SNSにおけるネットワーク行動と影響力の研究」

    2005年7月~2007年3月

    早稲田大学IT戦略研究所自主プロジェクト
    (研究メンバー:根来龍之、青木孝次。助言:森田正隆)

    ・研究成果
        調査報告書 『mixi参加者の属性と行動』(公開:2006年8月)
        (担当:青木孝次) pdf download

    根来龍之監修・早稲田大学IT戦略研究所編『mixiと第二世代ネット革命』
        (東洋経済新報社、2006年08月26日発売) 目次

  • 「IT導入に関する顧客満足度調査」

    2004年8月~

    月刊ITセレクト2.0・早大IT戦略研究所研究共同プロジェクト(研究メンバー:根来龍之、浜屋敏)

    ・上場企業を中心とした約3,300社を対象に、情報システムの種類や顧客企業の特徴別に、SI会社に対する満足度について調査する。

    ・ITセレクト2.0誌 2004年11月29日号巻頭特集で2003年調査の結果を発表した。
    「SIベンダー活用の成功の鍵はウチにあり」

  • 「全国のIT導入事例を可視化する分析システム開発への協力」

    2004年4月~2007年3月

    早稲田大学 大学院理工学研究科 村岡洋一教授研究室と早稲田情報技術研究所の「Web上に掲載された全国のIT導入事例を一覧化し、分析のために可視化する」システム開発への経営学的観点からの協力

  • 「競争優位のアウトソーシングとISガバナンスの研究」

    2003年4月~

    早稲田大学IT戦略研究所・富士通総研共同研究プロジェクト(研究メンバー:根来龍之、田村健二、浜屋敏、木村達也)

    ・ISアウトソーソーシングと物流・ロジスティクスのアウトソーソーシングに関して、成功の条件を明らかにし、企業経営者およびISおよび物流部門責任者に対する提言を行なう。

    ・日本企業におけるITガバナンス(ITに関する意思決定やモニタリング)とISアウトソーシングの実態を明らかにし、ITガバナンスとISのパフォーマンスとの関係を明らかにする。

    ・現在までの研究成果
      根来龍之「競争優位のアウトソーシング:<資源―活動―差別化>モデル」
         http://www.waseda.jp/prj-riim/pdf/2004_RIIM-WP-07.pdf
       浜屋敏「競争優位のアウトソーシング-情報システム-」
         http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/research/2005/report-221.html
       木村達也「競争優位のアウトソーシング-ロジスティクス-」
         http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/research/2004/report-213.html
       調査報告書 『ITアウトソーシングの形態別特徴:長所と短所』
        (担当:田村健二、報告書作成:根来龍之・田村健二) pdf download

    ・特別企画コンフェランス
       2004年10月20日
       http://jp.fujitsu.com/group/fri/events/conference/conference-9.html

  • 「消費者参加型の商品評価システムについての研究」

    2003年4月~2004年3月

    早稲田大学IT戦略研究所研究プロジェクト

    ネットを通じた商品評価に関する情報流通・情報交換についての研究

       ・ネット上のどんな商品評価情報が信頼されるのか?
       ・情報交換において、発信者と受信者は、どのような相互期待をもっているのか?
       ・情報発信の質と量を決める要因は何か?
       などを探求する。

    研究報告: 2003_RIIM-WP-05
      根来 龍之・柏 陽平
      「ユーザー参加型商品評価コミュニティにおける評判管理システムの設計と効果
      ―相補的役割期待と信頼性の判断材料の影響に着目した分析―」

研究活動 一覧へ戻る

Page Top