くずし字判読支援研究の成果公開

Kuzushiji

早稲田大学演劇博物館には、江戸時代の貴重な浄瑠璃丸本や歌舞伎の番付が数多く収蔵されています。ところがその文章は漢字をくずした独特の書体「くずし字」で書かれているため、専門家でなければ判読が困難です。

演劇博物館の演劇映像学連携研究拠点では、この「くずし字」を使った古い資料をより多くの方に触れていただくための研究を行いました。読み方を習得した人にしか分からなかった「くずし字」を現代の文字に直す作業(翻刻)をすすめ、さらに凸版印刷株式会社の協力を得て、この翻刻されたテキストを、資料とともに直感的に閲覧できる新しいビューアによって公開しています。

このビューアを使うと、既にくずし字に親しんでいる方でも、読みにくい部分をより早く読めるのみならず、初めてくずし字にふれる方でも、江戸時代の貴重な資料を「くずし字」とともに読むことができます。

新しい表示システムを使って江戸時代の貴重な資料をぜひ体験してみてください。

閲覧ページはこちら

「浄瑠璃本・歌舞伎番付字形データベース」はこちら





このページは文部科学省「特色ある共同拠点の整備の推進事業-機能強化支援」による演劇映像学連携研究拠点(拠点代表:岡室美奈子)の事業「「くずし字OCR」を活用した総合的古典籍データベースの構築」成果の一部として公開しています。