コンディショニングと栄養

TOP > コンディショニングと栄養 >  身体組成のモニタリング

身体組成のモニタリング

競技力向上のためには、筋量を増やすとともに、必要以上に体脂肪量が増えないように身体組成を管理する必要があります。身体組成は、エネルギーや栄養素の摂取状況、トレーニング状況などにより変化します。体重と体脂肪率を合わせて確認することで除脂肪量の変化も併せて確認していきましょう。身体組成は定期的に測定してトレーニング状況や食生活状況と合わせて評価していくことが大切です。

身体組成のモニタリングの注意点

・毎回同じ測定機器や服装で、できる限り同じ時間帯に測定しましょう。
・寝起きや練習後、入浴後など、発汗により体水分が減っている時や、食後や飲水後など体水分が増えているときの測定は避けましょう。

身体組成モニタリングシートの使い方

①月と曜日を記入し、目標体重と測定時間を設定して、1ヶ月ごとに記録をしましょう。
②自分に合った体重、除脂肪量の目盛りの数値を記入しましょう。
③測定した体重を記録しましょう。定期的に体脂肪率を測定し、除脂肪量を記録しましょう。
④月経日に○をつけたり、体調が悪かった時などをメモしておきましょう。

身体組成モニタリングシートはこちらからダウンロードできます

良好なコンディションを維持するためには、積極的に公認スポーツ栄養士やスポーツドクターなどの専門家に相談するようにしましょう。

ページの先頭へ