持続可能社会を目指した次世代エネルギー貯蔵・変換材料

渡邉 正義
横浜国立大学 大学院 理工学府・教授

化石燃料の消費を最小限に抑えることに資する、電力スマートグリッド、電気自動車に代表される電動移動体のための革新的エネルギー貯蔵・変換デバイスを研究開発し、先端的低炭素化社会の実現に貢献することが本研究の最終目的です。

私たちの研究グループでは、各種エネルギー貯蔵・変換デバイスに必須な電解質材料の研究を系統的に行って来ています。特に、イオン液体と呼ばれるイオンだけからなる物質に着目し、その基礎物性理解を進め、その結果を生かした新規イオン液体の開発にも繋げて来ました。その結果、次世代リチウム電池に適用が期待される溶媒和イオン液体、無加湿燃料電池が構築できるプロトン性イオン液体、色素増感太陽電池に適用可能な電子輸送性イオン液体などを創生してきました。またイオン液体が高分子化合物の新規溶媒・添加剤になることを利用し、イオンゲルと呼ばれる固体電解質の提案も行って来ました。

現在は、次世代リチウム電池として期待されるリチウム硫黄電池の研究開発を、その電解質材料の開発、正負極のナノ構造制御の立場から進めており、持続可能社会にとって必須な低炭素社会実現を目指しています。

イオン液体を電解質材料に用いたエネルギー貯蔵・変換デバイスと未来社会

READ MORE

渡邉 正義

わたなべ まさよし

横浜国立大学 大学院 理工学府・教授

プログラム担当者
専門:有機材料化学、電気化学

KEYWORD
イオン液体の基礎物性理解と機能の創り込みの化学
イオン液体・イオンゲルを用いた次世代エネルギー貯蔵・変換材料の研究
リチウム硫黄電池の研究・開発
略歴
横浜国立大学教授
(大学院工学研究院機能の創生部門分子の機能分野)
1954年12月20日神奈川県生まれ、県立希望ヶ丘高校卒業後、早稲田大学理工学部応用化学科へ、78年卒業後、82年大学院理工学研究科博士課程中退。 1982年上智大学助手(理工学部化学科)に採用され、88-90年米国ノースカロライナ大学研究員、92年横浜国立大学講師(工学部物質工学科)、助教授を経て98年教授(2001年より改組により大学院工学研究院)、99年 – 02年 東京大学大学院工学系研究科客員教授を併任。
お問い合わせ

教授へのお問い合わせ

※教員へメールが届きます
※必要事項をご入力の上、送信ください