グリーン水素エネルギー社会に向けた電気化学応用プロセスと材料

光島 重徳
横浜国立大学 大学院 理工学府・教授

IPCCの2℃シナリオの2050年までにCO2排出量80%削減を目指すためには再生可能エネルギーを基盤とした新たなエネルギー技術やモノづくりの技術が必須です。現状技術で太陽光や風力の導入による電力需給のインバランスを解消することが困難であるためです。

水素は水と電力から製造可能で、水素関連の技術により大量にエネルギーを貯槽、輸送したり、工業プロセスに結びつけたりすることができます。地産地消の再生可能エネルギーの有効利用も重要ですが、日本の産業を維持するための絶対量を確保するためには海外からの再生可能エネルギーの輸送も含めた水素エネルギー社会を構築する必要があります。

電気化学は電力を化学エネルギーに直接相互変換するプロセスであり、水電解と燃料電池はそれぞれ水と電力からの水素製造と水素と空気(酸素)から発電するキーテクノロジーであります。また、これらの技術を応用して有機物の水素化、脱水素など工業的に有用なプロセスへの展開も可能です。

当グループでは、再生可能電力を用いて水素や化学品を製造するアルカリ水電解、固体高分子形水電解、エネルギーキャリア合成としてのトルエン電解水素化並びに水素利用技術として固体高分子形燃料電池の教育研究に取り組んでいます。具体的には、再生可能電力の変動に対応するための電極触媒材料の劣化機構解析や新たな省貴金属あるいは非貴金属系酸化物酸素電極触媒の開発を行っています。

READ MORE

光島 重徳

みつしま しげのり

横浜国立大学 大学院 理工学府・教授

プログラム担当者
専門:応用電気化学、エネルギー化学

KEYWORD
電気化学応用の電力と化学エネルギーの高効率相互変換、燃料電池と水電解
高機能電極触媒
再生可能エネルギー基盤の水素エネルギー社会
略歴
横浜国立大学 工学研究科 物質工学専攻修士課程(博士前期課程)1989年 、 修了
横浜国立大学 教授 、 2011/01 ~ 継続中
横浜国立大学 准教授 、 2007/04 ~ 2010/12
横浜国立大学 助教授 、 2006/10 ~ 2007/03
モントリオール工科大学 、 2003/08 ~ 2004/07
横浜国立大学 助手 、 2000/06 ~ 2006/09
お問い合わせ

教授へのお問い合わせ

※教員へメールが届きます
※必要事項をご入力の上、送信ください