SUPPORT

学びに集中できる環境を整備
豊富な支援制度
【PEP】では、学生に向けてさまざまなサポートを用意。カリキュラムの履修にかかる経費や、研究対価としてのResearch Assistamt(RA)費の支給に加えて、授業料の負担軽減やキャリア支援など、各所属大学の支援制度を受けることができます。
  • RA費

    研究の対価として、Research Assistamt(RA)費を支給します。

  • 必修科目の履修に伴う経費支援

    【PEP】の必修科目履修にかかる経費(旅費等)を全額支援します。

  • 海外への派遣支援

    派遣者として選抜された学生には、海外の大学や研究機関、企業などへの中長期派遣に係る経費を支援します。【PEP】からの支援のほか、各大学の制度も活用が可能。たとえば、早稲田大学では以下の制度を用意しています。

    • ・海外大学への派遣にかかる経費の補助
    • ・国際会議論文発表にかかる経費の補助
  • その他(授業料補助、各種奨学金など)

    そのほかにもさまざまな各大学の支援制度があります。
    たとえば早稲田大学では、「若手研究者養成奨学金」を全学生(一貫制は全学年、区分制はTD3以降)に支給します。詳細は各大学にお問合せください。
    ☛ 各大学問合せ先(https://www.waseda.jp/pep/access//)

  • 修了生のキャリアパスについて

    各大学には、博士課程の学生に対するキャリアデザイン支援を行っているところがあります。早稲田大学では博士キャリアセンターを設置し、キャリア開発・キャリアデザインの支援を行っています。