WWWサービスの利用方法

TOPへ戻る

Webページの公開方法

基本環境

基本環境では、Webコンテンツを作成したら、FTP(File Transfer Protocol)用のソフトウェアを用いてファイル転送サーバに転送します。

ファイル転送ソフトウェアの設定、操作方法

利用環境に応じたマニュアルを参照してください。

環境 OS ソフトウェア名称 初回利用時 アップロード時
学内ネットワーク Windows WinSCP 設定方法 ファイル転送方法 教員用/実習用:汎用プロキシは不要
上記以外:汎用プロキシの併用が必要
Mac Cyberduck 設定方法 ファイル転送方法
事務系PC ※職員のみ WinSCP 設定方法 ファイル転送方法 汎用プロキシは不要
学外ネットワーク - 教員用/実習用:学内ネットワークと同様
上記以外:学外からはファイル転送サーバにアクセスできません

2018年7月以降の初回利用時は、ファイル転送ソフトウェアでFTP接続する際に「潜在的なセキュリティ違反」の警告が表示されることがあります。
その場合は、こちらの対処方法を参照してください。

CGIの利用方法

「メール送信フォーム」、「アクセスカウンタ」のCGI(Common Gateway Interface)を用意しています。自分で作成したCGIは利用できません。

  • ※実習用WWWサービスでは利用できません。

.htacsessの利用方法

「.htaccess」は、Webサイトに関する様々な設定や制御(Webサイトやページ・ファイルのアクセス制限 など)を行うためのファイルです。

  • ※実習用WWWサービスでは利用できません。

TOPへ戻る

CMS環境 

CMS(content management system)環境では、「Word Press」を使用できます。 ただし、テーマ、プラグインのインストールはできません。
ログインはブラウザから行い、コンテンツのアップロード、管理はブラウザからおこないます。
汎用プロキシの併用は不要です。学外ネットワークからも管理画面への接続が可能です。

  • ※教員用、実習用、サークル等団体用、ゼミ用WWWサービスでは利用できません。
  • ※箇所用、学会用、共同研究・プロジェクト用WWWサービスは、利用申請をしたアカウントのみ利用できます。

TOPへ戻る

DB環境

DB環境は、新WWWサービスの基本環境と組み合わせることにより、独自開発が可能となります。
ただし開発の際に必要となる実行権限は、「ユーザ権限」となります。

  • ※教員用、実習用、サークル等団体用、ゼミ用WWWサービスでは利用できません。
  • ※箇所用、学会用、共同研究・プロジェクト用WWWサービスは、利用申請をしたアカウントのみ利用できます。

TOPへ戻る

基本環境の設定項目一覧

WWWサービス名 ホスト名 ポート番号 ファイル転送
プロトコル
ユーザー名 パスワード
教員用 専任教員
(一部の客員教員)
ftp.f.waseda.jp 22 SFTP Waseda-netメールアドレスの
「@」マークより左側の文字列
教員個人のMyWaseda
のパスワード
客員教員、助教、助手、非常勤 ftp.aoni.waseda.jp 22 SFTP Waseda-netメールアドレスの
「@」マークより左側の文字列
教員個人のMyWaseda
のパスワード
実習用 ftp.class.waseda.jp
22 SFTP [授業コード]-[通し番号] (利用者控に記載) 利用者控に記載
ゼミ用 ftp.www.waseda.jp 22 SFTP sem-*** ***は申請した任意の文字列
yyはサークル所管箇所コード

【!】英文字はすべて小文字
利用者控に記載
サークル等学生団体用 yy-***
共同研究プロジェクト用 prj-***
学会用 assoc-***
箇所用 ***

TOPへ戻る

アカウント、パスワードの管理

基本環境のFTPアカウント名、CMS環境のユーザID、およびパスワードは下表の通りです。

パスワードの管理には十分注意し、作業担当者が変更する場合には必ずパスワード変更を行ってください。
パスワード変更手順は、こちらを参照してください。

WWWサービス名 FTPアカウント名、CMSユーザID[*1] パスワード 基本環境のパスワード変更[*2]
教員用 利用者個人のWaseda-netメールアドレスの
「@」アットマークより左側の文字列
利用者個人のMyWasedaのパスワード 利用者個人のMyWasedaのパスワードを変更
実習用(学生) [授業コード]-[通し番号]
(科目の履修者ごとに発行されます)
利用者控に記載
(科目の履修者ごとに発行されます)
変更不可
ゼミ用 sem-*** ***は申請した任意の文字列
yyはサークル所管箇所コード

【!】英文字はすべて小文字
利用者控に記載
(アカウントごとに共通パスワードが
 発行されます)
MyWasedaに次のユーザID/パスワードで
ログインし、パスワード変更を行います。

ユーザID :FTPアカウント名
パスワード:FTPパスワード
サークル等学生団体用 yy-***
共同研究プロジェクト用 prj-***
学会用 assoc-***
箇所用 ***
  • [*1]教員用、実習用はCMS環境は対応していません。
  • [*2]CMS環境、DB環境のパスワード変更方法については、ITヘルプデスクまでお問合せください。

TOPへ戻る

よくある質問と回答

WWWサービスに関するよくある質問と回答はこちらを参照してください。

TOPへ戻る