ビデオ会議の利用

概要

授業ちらし 会議ちらし
            紹介チラシはこちらをクリック

ビデオ会議とは

インターネットを介して、専用の機器同士を接続することにより、映像、音声、データ等をリアルタイムに送受信することができます。
教室同士を接続した遠隔講義、あるいは、会議室同士を接続した遠隔会議などにご活用いただけます。

利用目的

授業、各種講義、教育・研究を目的としたイベント、および、大学業務を目的とした会議等にご利用いただけます。

ビデオ会議システム 常設教室

教室によってAV機器設備が異なるためご要望に添えない場合がありますので、部屋予約前に早稲田ポータルオフィスにご相談ください。
(ビデオ会議システムが常設されてない教室は、仮設可否を確認いたします。)

キャンパス 号館 教室
早稲田 3 201202203501601602801
8 606
11 901913902903
26 B1多目的講義室
29 201、302、303

TOPへ戻る

申込方法

サポートの申込方法

教職員よりお申込みいただけます。
申込みはMyWasedaから行っていただけます。
申込み内容を確認した後に、担当より連絡いたします。

MyWaseda
 →グローバルメニュー [ITサービス]
 →左のサービスメニュー [システムに関する問い合わせ、申請(ヘルプデスク)]
 →次のフォルダ、ファイルをクリック
  「申請/Application」
   └「システムサービス・機器・ソフトウェア・施設利用」
    ├「ビデオ会議接続サポート申込」
    │(または)
    └「Web会議接続サポート申込」

※西早稲田キャンパスでご利用の場合は、「西早稲田キャンパスTV会議申請」(理工メディアセンター、学内からのみ参照可)を参照してください。

利用相談

利用について不明な点は、お気軽にご相談ください。
例1:研究室と海外の大学とでビデオ会議をしたいが可能か。
例2:接続先にはどのような機材が必要か。

注意事項

  • 申込内容によっては、対応できかねる場合があることを予めご了承ください。
  • 申請は本番の2週間前までに行ってください。事前テストが必要な場合がありますので、日数に余裕をもってお申込みください。
  • 技術的な問題により、接続ができない場合があります。

TOPへ戻る

注意事項

機材について

  • ビデオ会議用の機材は早稲田ポータルオフィスで用意します。
  • 接続先の機材の手配は、利用者ご自身で行っていただきます。
  • 収録が必要な場合、その機材等の手配は、利用者ご自身で行っていただきます。

利用場所について

  • 事前に利用場所のネットワーク情報をお知らせいただく必要があります。
  • 利用場所のネットワーク環境によっては接続が不可能な場合があります。
  • 利用場所、接続先の手配は、利用者ご自身で行っていただきます。
  • 西早稲田キャンパスの場合は、「理工メディアセンター」(理工メディアセンター、学内からのみ参照可)にご相談ください。

サポートについて

  • ビデオ会議サポートは、事前の接続テスト、操作説明、当日の機材設置が中心となります。会議当日の操作、あるいは、収録等は行いませんのでご了承ください。
  • 接続先の機材の調整、操作は、利用者ご自身で行っていただきます。
  • ビデオ会議サポートに費用はかかりませんが、利用場所によっては、別途、教室使用料・AV機器使用料等が発生することがありますのでご注意ください。

TOPへ戻る