オンライン授業におけるZoom利用に関する変更点および注意点について

Click here for the English version.

お知らせ

オンライン授業(リアルタイム配信、ハイフレックス型授業)でご利用いただいている「Zoom」について、秋学期以降のご利用について、以下3点、ご案内をします。

1.クラウドレコーディングの利用開始について

授業欠席者への配慮や復習用としての利用のため、オンライン授業を録画しWaseda Moodle等で履修者が視聴できるようにすることをご案内しておりました。この件について、これまでは利用しているPC上での録画のみ可能でしたが、秋学期より、Zoomのシステム上での録画(クラウドレコーディング)を可能とします。
ただし、契約の関係上、録画されたコンテンツは一定期間後(14日間(2週間)経過したものを想定)、削除します。これより長い期間視聴させたい場合、あるいは記録として保管しておきたい場合は、期間内にWaseda Moodleやご自身のPCにコピーしていただくようお願いします。

<注意>

  • クラウド上のデータは一定期間後、削除されます。履修者に公開する場合はご注意ください(Waseda Moodleやご自身のPCなど、適宜データのコピーをお願いします)。
2.教育機関向けの時間制限解除(40分)の終了について

Zoom社より、日本国内の無料ベーシックアカウントを持つ学校を対象に提供していた、40分間の制限解除を終了する旨の案内がありました。こちらをご利用の場合は、授業の途中でミーティングが終了し、授業運営に支障がでる可能性があります。
大学で契約しているアカウントに登録することで、時間制限なく利用が可能となります。まだ申請されていない方は、以下のフォームより申請をお願いします(過去、すでに申請をされている方は、あらためての申請は不要です)。

3.ウェビナー機能の利用について

秋学期より、ウェビナー機能(最大1,000名が視聴可能)が利用可能となっています。
また、授業での活用について、参考となる情報をTeachAnywhereに載せています。情報は随時更新しますので、適宜ご参考にしていただけますと幸いです。

  • TeachAnywhere ※学内者のみ利用可(MyWaseda重要なお知らせをご確認ください)

TOPへ戻る

関連リンク

TOPへ戻る