単年度ライセンスソフトウェア継続利用のお知らせ

専任教職員の方にご利用いただいているソフトウェア貸出サービスについてお知らせいたします。

お知らせ

単年度ライセンスのソフトウェア「Mathematica」「SAS」「SPSS Statistics」「Amos」を利用されている方は、2018年度の継続利用あるいは廃止申請を行ってください。

ソフトウェア継続利用/廃止の申請方法

申請方法
  1. MyWasedaから継続利用または廃止申請を行います。
    MyWaseda
     →グローバルメニュー [ITサービス]
     →左のサービスメニュー [システムに関する問い合わせ、申請(ヘルプデスク)]
     →次のフォルダ、ファイルをクリック
        [申請/Application] → [システムサービス・機器・ソフトウェア・施設利用 ] → [ソフトウェア継続利用/廃止申請]
  2. 継続利用申請をされた方には、新年度の認証コード/インストールデータ(SID)が入手でき次第、ライセンス更新方法をメールにて案内します。
注意事項
  • 有効期限前に新年度の認証コードが入手できない場合がありますが、4月30日までは問題なく利用できます
  • 継続利用しない場合は、必ず廃止申請を行ってください。
  • 貸出を終了している古いバージョンのライセンスは、発行できません。
    継続利用申請フォームにないバージョンをご利用の場合は、窓口にて新しいバージョンの貸出をご利用ください。

関連リンク

ソフトウェア貸出サービス
単年度ライセンスソフトウェア
単年度ライセンスについて

TOPへ戻る