Windows10の自動アップグレードについて

お知らせ

米Microsoft社は2月1日(米国時間)、Windows 7/8.1における「Windows10アップグレード用の更新プログラム」を、Windows Updateにおける「オプションの更新プログラム」から「推奨される更新プログラム」へと格上げする措置を行ないました。
これにより、Windows Updateを自動更新にしている場合は、自動的にWindows10へのアップグレードを行う更新プログラムが導入され、OSの移行が誘導されることとなります。

Windows10にアップグレードした場合、早稲田大学で提供している各種サービスの一部について、正常に作動しないものがありますのでご注意ください。
MyWaseda、Course [email protected]をはじめとした各種サービスについての検証済環境、および推奨環境範囲外のブラウザに関する注意は、下記のリンクからご確認ください。

意図せず、Windows10に自動アップグレードされ、サービスの動作が不安定になった等の理由により、アップグレード前のOSに戻すことを希望する場合は、以下のMicrosoft社の説明をご参照ください。

TOPへ戻る