SSLv3.0 脆弱性への対応について

お知らせ

SSLv3.0の脆弱性(POODLE(Padding Oracle On Downgraded Legacy Encryption))が公開されました。
サーバとクライアント間の通信においてSSLv3.0を使用している場合、通信の一部が第三者に漏えいする可能性があります。
情報企画課で管理するサーバ側も順次対策を行いますが、クライアント側(利用者のPC)においてもSSLv3を無効にする対策を行っていただくようお願いします。

対象
  • ブラウザやHTTP通知を利用するサービス、システム
    例)Waseda-netポータル、Course [email protected] など
対策
ブラウザ(Internet Explorer、Firefoxなど)で、SSL v3.0 を無効にし、TLSを利用する。

TOPへ戻る

対策方法(SSLv3.0を無効にしTLSを有効にする)

ご利用のPCのブラウザの設定の確認、および設定変更方法は次のページを参照してください。

なお、SSLv3.0を無効にする設定を行った場合は、一部のサーバに接続できなくなる可能性があります。

【!】Waseda-netポータル、Course [email protected]等が利用できなくなった場合
ブラウザの設定でTLSを利用する設定が有効になっていない可能性があります。 「SSLとTLSの設定」を参考に、TLSを有効にしてください。

TOPへ戻る

関連リンク

TOPへ戻る

お問い合わせ

本件に関するご相談は、Waseda-netポータル内「ITヘルプデスク」よりお問合せください。

TOPへ戻る