単年度ライセンスソフト継続利用のお知らせ

専任教職員の方にご利用いただいているソフトウェア貸出サービスについてお知らせいたします。

お知らせ

2013年度に単年度ライセンスソフトウェアを利用されている方は、2014年度の継続利用あるいは廃止申請を行ってください。
継続利用申請をされた方には、ソフトウェアごとにライセンス更新方法をメールにてご案内します。

対象ソフトウェア
  • Mathematica
  • SPSS Statistics、Amos
  • SAS
申請方法
Waseda-netポータルログイン後右側メニュー内「ITセンターヘルプデスク」の、「ソフトウェア継続利用/廃止申請」より申請を行ってください。
注意事項
  • 対象者にはITセンターよりメールで詳細を連絡いたします。
  • 継続利用しない場合は必ず廃止申請を行ってください。
  • 退職・資格変更等によりソフトウェアの利用資格がなくなる場合は、廃止申請を行ってください。
  • ライセンス更新方法のご案内より前に、ソフトウェアやバージョンによっては有効期限切れが表示され、一部機能が利用できなくなる可能性があります。
  • ソフトウェアによっては 古いバージョンのライセンスが発行できない場合があります。新しいバージョンの貸出を開始しておりまので、そちらをご利用ください。

    <参考:ソフトウェア貸出サービス>

TOPへ戻る