学外直接接続、サブネットアドレスの継続利用について

学外直接接続(IPリーチ)、サブネットアドレスを利用しているみなさんに、2014年度の継続利用申請についてお知らせいたします。

お知らせ

学外直接接続(IPリーチ)、サブネットアドレスのご利用は、年度ごとの申請およびセミナーの受講が必要です。
2013年度に取得しているアドレスを2014年度も引き続きご利用になる場合は、継続利用申請をおこなってください。

対象
  • 学外直接接続(IPリーチ)
  • サブネットアドレス
期限
2014年6月30日(月)
継続利用申請およびセミナー受講について
継続利用を希望する場合は、まず「NW情報管理システム」にて利用申請をおこなってください。
申請を受理すると、ITセンターよりセミナー受講および受講確認書提出の案内をさしあげます。
期限内にセミナー受講および受講確認書提出を行ってください。
※期限内に、(1)申請、(2)セミナー受講、および、受講確認書の提出のすべてが完了しない場合は、2014年7月末をもってサービスの付与を停止します。
(1)申請方法
Waseda-netポータルログイン後左側メニュー「システム・サービス」内の、「--NW情報管理システム(学内のみ)」より申請を行ってください。
(2)セミナー受講および受講確認書の提出方法
  1. Waseda-netポータルにログインします。
  2. 左メニューから、学生は「授業」、教職員は「教育支援」をクリックし、「Course [email protected](通常版)」をクリックします。
  3. Course [email protected]が開きます。開講科目から「【2014年度】IPリーチ/サブネット利用者向けセミナー」をクリックします。
  4. 「講義コンテンツ」内のすべてのコンテンツを視聴し、「受講確認書」でレポートを提出してください。
注意事項
  • 申請を行っても、セミナー受講および受講確認書の提出が完了していない場合は、サービス停止の対象となります。
  • 設置責任者および技術担当者が変更する場合は「NW情報管理システム」で登録情報を更新してください。
    更新がされていない場合は、ITセンターからの重要な連絡が届かず、サービスが停止される恐れがありますのでご注意ください。
  • 学生の方で、進学等により学籍番号が変更した場合は「NW情報管理システム」で登録済みの情報を閲覧できません。
    その場合は、ITセンター ネットワーク担当までご連絡ください。
  • サービスの利用を終了する場合は「NW情報管理システム」で廃止申請を行ってください。

TOPへ戻る