Windows XPのサポート終了に関する重要なお知らせ

TOPへ戻る

Windows XPのサポート終了について

Windows XPの製造元であるMicrosoft社より、2014年4月9日をもってWindows XPのサポートを終了するとの発表がありました。
サポート終了による影響、安全にPCを利用するための注意事項についてお知らせします。

サポート終了後も使い続けた場合のリスクについて

サポート終了後は、Windows XPの新たな脆弱性が発見された場合でも、Microsoft社からセキュリティ対策などの更新プログラムの提供はなく、OSは無防備な状態となります。
Windows XPのサポート終了に伴い、最も心配されるのは、脆弱性攻撃やウィルス感染などの被害を受ける可能性があることです。

脆弱性が解消されていないPCで、インターネットやメールを使っている場合の危険性の一例
・ウイルス感染の被害やPCへの侵入などの不正アクセスを許してしまう。
・悪意あるウェブサイトを閲覧するだけで、ウイルスに感染させられてしまう。
・ウイルスに感染させる仕掛けを施されたファイルを開くことにより、ウイルスに感染させられてしまう。

その結果、知らないうちにPCの乗っ取り、遠隔操作、PC内にある情報の漏えい、および他のサーバーに対して攻撃を行う踏み台として悪用されてしまうなど、被害を受ける可能性があります。
たとえウイルス対策ソフトウェアが導入されていたとしても、Microsoft社の更新プログラムの適用による脆弱性の解消、マルウェア対策を始めとしたさまざまな防御策が必要です。

さらに、利用可能なハードウェアやソフトウェアも近日中のサポート終了が予想される、Webブラウザ、Officeソフト、ウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品の更新、および各種ソフトウェアのアップデートなども行われず、アプリケーションの脆弱性に対しても無防備な状態となってしまいます。

安全にPCを利用するために

サポート終了後でも、Windows XPが使えなくなることはありません。
ただし、使い続けた場合、セキュリティのリスクが極端に高まりますので、サポート終了(2014年4月9日)までにOSをWindows 7以降に更新することを強く勧めます。

参考

TOPへ戻る

大学が提供する関連サービスについて

ソフトウェア貸出サービス(専任教職員)

Windows XPおよびOffice 2003のサポート終了にともない、ソフトウェア貸出サービスによる次のソフトウェアの貸出を2014年2月に終了します。

  • Windows XP Professional
  • Windows XP Professional(Multi Language版)
  • Office 2003 Professional
  • Office 2003 Professional(Multi Language版)

※すでにインストールされているWindows XPおよびOffice 2003は、引き続き利用できます。
ただし、利用中にエラーが発生してソフトウェアの修復が必要になった場合でも、2014年2月以降はWindows XPおよびOffice 2003のソフトウェアをお貸出しすることはできません。

参考

ソフトウェア貸出サービスの詳細については、こちらを参照してください。

TOPへ戻る

教員用共通プラットフォームPC

教員用共通プラットフォームPC(以下、教員用PC)を、OSがWindows XPで利用されている場合は、サポート終了までに「ソフトウェア更新」サービスによりOSをWindows 7に更新してください。

ソフトウェア更新とは

教員用PCにインストールされているソフトウェアのバージョンを更新する作業です。
最新のツールのご利用、または各ソフトウェアのセキュリティ上の脆弱点を補うことができます。

※教員用PCは、セキュリティ強化を目的としてハードディスク全体の暗号化を行うソフトウェアを導入しています。
 このため、利用者によるOSの更新を行うことはできません。
 新年度版のOSバージョンを利用したい場合、またはOSの再インストールが必要となった場合は、必ず窓口にて「ソフトウェア更新」サービスをご利用ください。

ソフトウェア更新

事前に行っておくこと
ソフトウェア更新を行うと、教員用PC内に保存されているすべてのデータ(Officeなどで作成したファイル、メールクライアントに保存されているメールデータ、ブラウザのお気に入り、ご自身で導入されたソフトウェア、ご自身で更新/追加されたハードウェアの設定、プリンターの情報、ネットワークの設定など)が削除されます。
事前に必要なデータのバックアップを必ず行ってください。
窓口ではバックアップの代行サービスは行っておりません。バックアップに関するサポートが必要な場合は、各窓口までご相談ください。
ソフトウェア更新の申込

ソフトウェア更新の申込は、ご自身で窓口に教員用PCをお持ちいただきます。
詳細は、次のWebページをご参照ください。

教員用共通プラットフォームPC ソフトウェア更新

参考
教員用共通プラットフォームPC

TOPへ戻る

お問合せ先

本件に関する相談は、Waseda-netポータル内「ITセンターヘルプデスク」よりお問合せください。

TOPへ戻る