Sophos Anti-Virus 新バージョンの利用開始について

2013年3月25日より、Sophos Anti-Virusの新バージョン(Windows 8、Mac OS X 10.8 対応)の利用が開始されます。

  • Windows版:バージョン10.2 - Windows 8 対応
  • Mac版   :バージョン8     - Mac OS X 10.8 対応

※すでにSophos Anti-Virusを利用している場合は、設定を変更する必要はありません。
 通常実行されるアップデートと同様の方法で次のバージョンに自動的に更新されます。

  • 学内で利用  :3/25よりバージョン10.2に自動更新される。
  • 学外のみで利用:順次バージョン10.0に自動更新される。

    *しばらくは自動的に更新されない場合があります。順次更新される予定ですので、しばらくそのままお使いください。
    バージョン10.0に更新されていない場合でも、通常のアップデートにてウイルスパターンファイルの更新ができますので、最新の状態を保つことができます。

ご利用については、次の点をご確認ください。

TOPへ戻る

対象

  • Sophos Anti-Virus (学内利用版):Waseda-netポータルからダウンロード-学内ネットワークからのみ利用可能(ウイルス定義ファイル更新)
  • Sophos Anti-Virus (学外利用版):窓口にてソフトウェアを貸出(専任教職員のみ利用可能)-学外でもアップデート可能

3月25日以降にSophos Anti-Virusを利用する場合

設定の詳細については、以下のWebページをご参照ください。(3月25日に内容が更新されます)。

 Sophos Anti-Virusの利用

「学内利用版のインストール方法」または「学外利用版のインストール方法」をご参照ください。

3月25日以前にSophos Anti-Virusを利用している場合

自動的に新しいバージョンに更新されますので、設定を変更する必要はありません。
通常のアップデート機能にて、自動的に更新されます。

注意事項
学内利用版・学外利用版ともに、バージョンの更新にしばらく時間がかかる場合があります。
すぐにバージョンが更新されていない場合でも、通常のアップデートにてウィルスパターンファイルの更新ができますので、最新の状態を保つことができます。

TOPへ戻る

新バージョンの対応OS

Windows版
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8

※新バージョンの10.2は、Windows 2000以前のOSには対応していません
 Microsoft社のWindows 2000のサポートは終了していますので、Windows 7以降のOSの利用を推奨します。
 また、Microsoft社によるWindows XPのサポートは、2014年4月8日に終了の予定です。Windows XPをご利用の方は、ご留意ください。

Mac版
  • Mac OS X 10.8
  • Mac OS X 10.7
  • Mac OS X 10.6
  • Mac OS X 10.5
  • Mac OS X 10.4

参考

TOPへ戻る

お問合せ先

本件に関する相談は、Waseda-netポータル内「ITセンターヘルプデスク」よりお問合せください。

※お問合せの際には、適切な件名をつけ、本文には必ず氏名、所属、Waseda-net IDを記載してください。

TOPへ戻る