Waseda ID 取得・変更

Click here for the English version.

TOPへ戻る

概要

Waseda IDは早稲田大学の情報サービスを利用するためのIDです。
初期値は学籍番号や教職員番号に基づいた文字列となっていますが、任意の文字列のWaseda IDを取得することができます。
また取得したWaseda IDは、1年に1回まで変更することができます。

TOPへ戻る

Waseda ID 取得・変更手順

本手順は、Wasedaメールアドレス取得済みの方向けです。
Wasedaメールアドレス未取得で、MyWasedaを初めて利用する方は「MyWaseda利用開始」を参照してください。

※午前2:00~4:00は日次メンテナンスのため本機能は利用できません。

1 ブラウザを起動します。
2 アドレス欄に以下のURLアドレスを入力し、MyWasedaログインページを表示します。

https://my.waseda.jp

3

[ログイン]を押すと、Login画面が表示されます。

 [Login D]欄:Waseda ID
 [Password]欄:パスワード

を入力し、[Login]ボタンを押します。

4

MyWasedaが表示されます。

画面右上の「設定」(三本線のボタン)を押して表示されるメニュー内の [Waseda ID取得・変更] を押します。

6

[Waseda ID取得・変更] ダイアログが表示されます。

画面に記載された注意事項を確認してください。
[Waseda ID]欄に取得したいWaseda IDを入力し、[確認]ボタンをクリックします。

「変更申請は受け付けられません。」と表示される場合
Waseda IDの変更は、年1回に限り行うことができます。すでに変更されている場合は次年まで変更できません。
[閉じる]ボタンをクリックし、操作を終了してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
7

確認画面で、自分で入力したWaseda IDに間違いがなければ、「取得」ボタンをクリックします。
やり直す場合は「戻る」ボタンをクリックします。

次のようなメッセージが表示される場合は、入力した文字列に問題があるか、取得できない文字列である可能性があります。別の文字列をお試しください。

  • 入力書式が正しくありません。
  • 3文字以上16文字以内で入力してください。
  • このIDは使用できません。
8 Waseda ID取得が完了しました。
[閉じる]ボタンをクリックします。
6 Webブラウが閉じます。
画面に残っているWebブラウザがある場合は、すべてのWebブラウザを閉じてください。
新しいWaseda IDでMyWasedaにログインできることを確認しましょう。
 

TOPへ戻る

こんなときは・・・

WasedaメールやOfficeアプリケーションが利用できなくなった

次の場合は設定にWaseda IDを用いています。
Waseda IDを変更した場合、設定の変更も行って下さい。

  • Wasedaメール(学生・校友向け)でWasedaメール(Office365メール)への転送設定をしている場合 →設定方法はこちら
  • Wasedaメール(教職員向け)をメールソフトやスマートフォンアプリで利用している場合 →設定方法はこちら
  • Office365 [アプリケーション] を行っている場合(次回認証時から) →設定方法はこちら
学内ネットワークに接続できなくなった
学内ネットワーク(無線LAN接続、有線LAN(DHCP)接続)の認証に持ちいるユーザIDはWaseda IDまたはWasedaメールアドレスですが、
Waseda IDを変更した当日は、ユーザIDは変更前のWaseda IDまたはWasedaメールアドレスとなります。
取得、変更の翌日以降は通常通り、ユーザIDはWaseda IDまたはWasedaメールアドレスとなります。
なお、いずれの場合もパスワードは最新のパスワードです。
図書館のシステム(利用者記録の照会(A方式)、学外アクセス)にログインできない
Waseda ID変更後、図書館のシステムに反映されるまで数日かかる場合があります。
数日後にお試しください。
画面が表示されない
午前2時から午前4時の間はメンテナンスのため本機能は利用できません。

TOPへ戻る