Waseda University Library早稲田大学図書館

News

ニュース

図書館への特別入館について(2020/9/25更新)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、受けられるサービスを限定して入館を認める「特別入館」を実施しています。詳細は以下をよくお読みください。

なお、本サービスは、今後の対象者・サービスを広げる可能性がある一方で、感染の拡大などの場合は安全・健康を最優先し、急遽サービスの中断やさらなる縮小をする可能性がある点は予めご了承ください。

その他の臨時サービスなどの情報は新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う図書館の対応をご確認ください。


特別入館にあたっては、以下の注意事項に同意いただきます。
  1. 特別入館では、原則として、図書館が所蔵する資料の利用を目的とした短時間の入館のみ認めます。長時間の滞在利用は避けてください。
  2. 入館者数が一定数を超えるなど、混雑等の状況により入館制限を設ける場合があります。
  3. 入館の際には以下の点を義務とします。守れない場合は入館をお断りします。
    ・マスクなど口と鼻を覆うものの着用
    ・入館時、退館時の手洗い等消毒
    ・他の利用者やスタッフへ必要以上に接近しない
  4. 発熱などが疑われる場合は利用をお断りします。
  5. 状況によって、利用できない施設や資料があります。
  6. 破損や劣化を招きますので、図書館資料は消毒をしないでください。
  7. 館内は清掃・消毒を行っていますが、施設・設備や資料の利用前後の手洗い等消毒は、ご自身の責任でお願いします。
  8. 万一、感染症が発生した場合に備え、入館の記録を暫く保管します。(感染症拡大防止の目的にのみ利用し、一定期間を経たのち消去いたします)

1 主なサービス内容

以下のサービスを提供します。

* 一定の人数を超えた際には入館・室をお待ちいただく場合があります。予めご了承ください。

  • 資料の借用 (貸出資格のない方は不可)
  • 資料の閲覧
  • 資料の複写
  • ILL到着物の受け取り
  • 図書館カードの発行/更新(図書館カード対象者の方)
ただし、以下の利用は制限されています。
  • 閲覧席の利用(席数の制限あり)
  • 館内での長時間の滞在(長時間の資料閲覧、学習場所としての利用)
  • インターネット端末/WINEの利用(一部利用可能なものもあり。各館・室の指示に従うこと)
  • 図書館内での発話やグループ利用(各図書館・室とも、グループ学習施設は利用不可)
  • その他、各図書館・室とも、サービス状況によって利用できない施設や資料があります。
利用時間は以下の通りとします。
  • ご自身の罹患、感染の拡大を防止するため、出来るだけ短時間の利用にご協力をお願いします。
  • 資料の特性等により長時間の利用が必要となる場合など、利用方法でお困りの場合は予めご相談ください。
以下のサービスは当面の間受付を停止します。
  • 学外紹介状発行

2 利用対象者

  • IDカード所持者
    【学生(科目等履修生・芸術学校生含む)、教職員(非常勤含む)、高等学院生徒】
  • 名誉教授
  • 図書館カード(緑・青・赤)対象者
    【外国人研究員、学術振興会特別研究員、招聘研究員、エクステンションセンター講師、eスクール教育コーチ、TA・RA、各研究所/センター特別研究員など】
  • 校友
  • オープンカレッジ会員(エクステンションセンター) (中央図書館のみ入館可)
    早稲田サポーターズ倶楽部会員(早稲田大学後援会) (中央図書館のみ入館可)

※上記以外の方(他大学学生・教員の方、図書館協定校の方、大学協定校等 特別聴講学生・交流学生の方、一般の方)は、今しばらくご利用いただけません。どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

3 対象となる図書館・室

※それぞれの開館/開室時間は利用案内No.23をご確認ください。
※利用資格により利用できる図書館・図書室が異なります。利用案内No.23をご確認ください。
ただし、校友の特別入館は、中央図書館、キャンパス図書館、教員図書室のみが対象で、学生読書室は利用対象外です。

中央・キャンパス図書館
学生読書室(特別入館では、理工学生読書室を除き、校友は学生読書室を利用できません
教員図書室
その他の図書室

4 入館方法・手順

①早稲田大学が発行する身分証を持っていることを確認する。
  • IDカード所持者の方は、大学が発行するIDカードでそのまま入館できます。まだお持ちでない場合は、ご所属の事務所にご相談ください。
  • 校友の方は、早稲田カードまたは校友会カードをご準備ください。詳細は次のWebサイトをご確認ください。校友の図書館利用について また、「特別入館申請書」に連絡先をご記入いただきます。
  • 図書館カード対象者の方で、今年度初めて図書館を利用される場合は、利用初日に図書館カードの発行/更新を行います。まずは中央図書館2階インフォメーションカウンターでお申し出ください。以前使われていた図書館カードをお持ちの方は必ずご持参ください。必要書類等の詳細は次のWebサイトをご確認ください。利用者別案内:訪問教員・研究員等の方
WINE(蔵書検索システム)で来館前にあらかじめ利用したい資料を特定しておく。
  • 館内WINE端末での検索は制限されています。利用時間を短縮するため、事前に配架場所や請求記号などをよく調べてください。
  • WINE検索結果から資料のタイトル、配架場所、請求記号を必ずメモ帳などでご準備ください。
  • 資料を事前に予約・取置はできません。利用日より前に他の利用者が借用した場合は利用ができない点、予めご了承ください。
③利用したい図書館・室ごとに入館方法を確認しておく(一部、事前予約が必要)
  • 中央図書館を含めた下記以外の図書館・図書室:事前予約は不要でご利用いただけます。
  • 演劇博物館図書室: 要事前予約 詳しくは演劇博物館のサイトをご覧ください
  • 教育学部数学資料室、教育心理資料室:要問合せ
    * これら資料室が配架場所となっている資料を利用したい場合には、図書館・図書室一覧に記載の連絡先より事前に該当の資料室にお問い合わせください。(教育学部教員図書室および学生読書室ではご利用いただけません。)

5 図書の返却方法

※貸出冊数が上限に達している場合は、特別入館いただいても新規のお貸出しはできませんので、まずは図書の返却をお願いします。

  1. 既に借りている本を含め、入館日に図書館に直接持参して返却することが出来ます。学内の他の図書館・室から借りた資料でも、返却できます。
  2. 図書館に入館しなくても、各館・室に準備されている返却ボックスに資料を返却することができます。※翌開館日に返却処理を行います。当日の返却処理を希望する場合は、カウンターへご返却ください。
    ・返却ボックスへの返却のみの場合は、入館をする必要はありません。
    ・中央図書館には返却ボックスがありませんが、早稲田キャンパス内の他館・室の返却ボックスが利用いただけます。
  3. 貸出冊数に余裕がある場合は、通常開館が再開されてからの返却でも結構ですが、利用がお済みのものについては早めの返却にご協力ください。
  4. 郵送での返却も可能です。その際は必ず郵送経過が追跡可能な方法で発送してください(例:ゆうパック、宅配便など)。送付記録の控えをお手元に保管しておいてください。
    ・郵送費用は差出人(利用者)負担でお支払いください。運送事故等による紛失・破損が生じた場合の責任も利用者本人となりますのでご了承ください。
    ・水濡れ防止のため必ず資料をビニール袋などで覆うなど、資料が傷まないよう梱包のうえで郵送してください。

【宛先】
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学図書館(中央図書館)
利用者支援課 宛
電話: 03-5286-2195
※表面・品名に「返却図書在中」と記載してください。
※電話番号は郵送手続き上必要な情報として記載しております。

6 リンク集

7 お問い合わせ

info-wul(★)list.waseda.jp *(★)を@に読みかえてください。

  • 所属、職名、氏名を必ずご記入ください。
  • 本サービスに関するお問い合わせへの回答は時間を要する場合があります。

以上

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる