キキの魔法はなぜ一つ?『魔女の宅急便』作者が語る秘密

キキの魔法はなぜ一つ?
『魔女の宅急便』作者が語る秘密

作家
1957年教育学部卒業

角野 栄子

魔女キキが相棒の黒猫ジジとともに、ほうきで夜空を飛んでいる。ほうきの柄にはラジオがぶら下がり、流れ出した音楽と風に乗って、キキたちは知らない町を目指してぐんぐん進む…。アニメ映画化や実写映画化もされ、日本のみならず世界中で多くの人に愛されている『魔女の宅急便』(福音館書店)の冒頭です。

このすてきな物語を生み出したのは、作家の角野栄子さん(1957年早稲田大学教育学部卒業)。角野さんはキキの13歳から35歳までを描いたシリーズ全6冊を含め、250冊以上もの作品を創作、2018年には「児童文学のノーベル賞」と呼ばれる国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれました。

そんな角野さんの代表作である『魔女の宅急便』は、どのようにして生まれたのでしょうか。その舞台裏と角野さんの想像力の源をお聞きしました。

※掲載情報は取材当時のものです

 

Back