ダイバーシティ推進室開設

早稲田大学は創立以来、全国各地の志ある学生を広く受け入れるだけでなく、早くからアジアの留学生や女子学生にも門戸を開いてきました。このように多様な人たちが集い切磋琢磨するなかで育まれてきた早稲田の学風と文化をさらに発展すべく、「Waseda Vision 150」において多様性の尊重と推進を謳い、教育研究の場にさまざまな視点と思考を導入し、時代を先導する新たな知を結集することを目指しています。

このたび、2016年7月1日より、「早稲田大学ダイバーシティ推進室」を設置しました。同推進室では、ダイバーシティを多角的に捉えることで、これまでの男女共同参画推進を継続しつつ、障がい者およびセクシュアル・マイノリティの支援のための施策の企画などの活動をしてまいります。

Back