「WasedaVision150」
  • HOME >> 
  • Newsletter一覧 >> 
  • 2019年度第1回 Faculty Cafe開催のお知らせ -Waseda Vision 150 Newsletter第169号

2019年度第1回 Faculty Cafe開催のお知らせ
Waseda Vision 150 Newsletter第169号

 
 大学総合研究センターでは、Waseda Vision 150に掲げられた、
核心戦略3「教育と学修内容の公開」および核心戦略4「対話型、
問題発見・解決型教育への移行」「Good Practice」の整理および
普及・展開PJに関連し、教職員が「教える」ことについて自由に語
り合う場として、“Faculty Cafe”を開催いたします。
 2019年度第1回の“Faculty Cafe”では、「反転授業」をテーマ
とします。

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 2019年度第1回 Faculty Cafe開催のお知らせ
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】2019年5月28日(火)16:30-18:00
【会場】理工キャンパス、51号館 3階 第5会議室
【対象】本学教職員
【申込】申請フォーム(https://bit.ly/2W1yHas)よりお申込みください。
【概要】近年「反転授業」は新たな教育改革のキーワードの一つとなり、
    草の根的に国内大学で広まっています。革新的な教育デザイン
    のように見えますが、実際はどうでしょうか。学習者の理解が格
    段と高まったという研究事例が報告されていますが、本学ではど
    うでしょうか。
    2019年度第1回の“Faculty Cafe”では、「反転授業」をテーマとして
    取り上げます。
    「反転授業」に関する説明の後、実践例を理工学術院の大坪康郎
    先生にご紹介いただきます。
    大坪先生は2017年度海外FDプログラム(ワシントン大学)に参加
    され、多くの教育手法を習得されました。FDプログラム修了直後の
    ご担当授業では、習得された「反転授業」の手法を導入されています。
    また、「Cafe」の通り、コーヒーやお菓子を準備しております。
    「反転授業」のテーマをもとに、理論と実践をベースにした大学教
    育を一緒に語る場になれば嬉しい限りです。
    理工分野に限らず、反転授業や新しい授業手法にご関心のある
    先生方のご参加をお待ちしております。

【当日の流れ】・説  明:「反転授業とは」 蒋妍(大学総合研究センター 講師)
       ・事例紹介:「反転授業の実践例」 大坪康郎(理工学術院 講師)
               ※2018年度Waseda e-Teaching Award受賞
       ・意見交換


【お問合せ先】
早稲田大学 大学総合研究センター
デジタルキャンパスコンソーシアム(DCC)事務局
電話: 03-6380-2871
Email: [email protected]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆核心戦略3「教育と学修内容の公開」
◆核心戦略4「対話型、問題発見・解決型教育への移行」
  「Good Practiceの整理および普及・展開PJ」
 https://www.waseda.jp/keiei/vision150/core/03.html
 https://www.waseda.jp/keiei/vision150/core/04.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 ◆過去のNewsletterについて

  以下のURLより過去のNewsletterを確認できます。
  http://www.waseda.jp/keiei/vision150/newsletter/archive.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 ◆発信元・問い合わせ先

  Waseda Vision 150事務局(担当:総長室経営企画課)
  [email protected]

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ページ最上部へ戻る
  • Waseda Vision 150について
  • 早稲田のVision
  • 早稲田の核心戦略
  • ロードマップ
  • 数値目標
  • 核心戦略の関連プロジェクト一覧
  • 学術院、高等学院、芸術学校の将来構想
  • 早稲田大学リンク
  • サイトポリシー