Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

その他

藤田 智弘

名前

藤田 智弘(FUJITA, Tomohiro)

取得学位

博士(理学)

資格

講師

HP (URL)

研究テーマ

新しい天文観測と光学実験で探る暗黒物質

近年の宇宙観測の発展により、我々の住む宇宙に存在する物質のうち8割以上は未知の物質「暗黒物質」であることが分かってきました。また、暗黒物質は銀河などの形成にも密接に関わっており、暗黒物質なしでは人類が生活するような環境は生まれなかったと考えられています。私の研究では、理論的研究のみならず新しい天文観測や光学実験を組み合わせて暗黒物質の正体を探っていきます。

略歴

2021-現在 早稲田大学高等研究所 講師

2020-2021 ICRRフェロー(東京大学宇宙線研究所 特任研究員)

2018-2019 日本-スイス 若手研究者交流事業 訪問研究員 (スイス連邦 ジュネーブ大学)

2017-2020 日本学術振興会 特別研究(PD)(京都大学理学研究科 天体核研究室)

2015-17日本学術振興会 海外特別研究員(米国スタンフォード大学 理論物理学研究所)

2015 東京大学大学院理学系研究科 博士(理学)取得

研究項目

宇宙論、暗黒物質、宇宙大規模構造、インフレーション

主な研究業績
  • “Detection of isotropic cosmic birefringence and its implications for axion-like particles including dark energy”, T. Fujita, K. Murai, H. Nakatsuka and S. Tsujikawa. Phys.Rev.D 103 (2021) 043509 [arXiv: 11894].
  • “Perturbative description of bias tracers using consistency relations of LSS ”, T. Fujita and Z. Vlar. JCAP 10, 059 (2020) [arXiv:2003.10114].
  • “DANCE: Dark matter Axion search with riNg Cavity Experiment”, Y. Michimura, Y. Oshima, T. Watanabe, T. Kawasaki, H. Takeda, M. Ando, K. Nagano, I. Obata and T. Fujita. J. Phys. Conf. Ser. 1468, 012032 (2020) [arXiv:1911.05196].
  • “Axion Dark Matter Search with Interferometric Gravitational Wave Detectors”, K. Nagano, T. Fujita, Y. Michimura and I. Obata. Phys. Rev. Lett. 123 111301, (2019) [arXiv:1903.02017].
  • “Hunting Axion Dark Matter with Protoplanetary Disk Polarimetry”, T. Fujita, R. Tazaki and K. Toma. Phys. Rev. Lett. 122, 191101 (2019) [arXiv:1811.03525].
  • “Optical Ring Cavity Search for Axion Dark Matter”, I. Obata, T. Fujita and Y. Michimura. Phys. Rev. Lett. 121, 161301 (2018) [arXiv:1805.11753].
  • “Large Tensor Non-Gaussianity from Axion-Gauge Fields Dynamics”, A. Agrawal, T. Fujita and E. Komatsu. Phys. Rev. D. 97, 103526 (2018) [arXiv:1707.03023].
  • “Primordial Gravitational Waves from Axion-Gauge Fields Dynamics”, E. Dimastrogiovanni, M. Fasiello and T. Fujita. JCAP 1701, 019 (2017) [arXiv:1608.04216].
  • “Fermionic Schwinger effect and induced current in de Sitter space”, T. Hayashinaka, T. Fujita and Jun’ichi Yokoyama. JCAP 1607, 010 (2016) [arXiv:1603.04165]
  • “Large-scale magnetic fields can explain the baryon asymmetry of the Universe”, T. Fujita and K. Kamada. Phys. Rev. D 93, 083520 (2016) [arXiv:1602.02109].
  • “Consistent generation of magnetic fields in axion inflation models”, T. Fujita, R. Namba, Y. Tada, N. Takeda and H. Tashiro. JCAP 1505, 054 (2015) [arXiv:1503.05802].
  • “A new algorithm for calculating the curvature perturbations in stochastic inflation”, T. Fujita, M. Kawasaki, Y. Tada and T. Takesako. JCAP 1312, 036 (2013) [arXiv:1308.4754].
  • “Universal upper limit on inflation energy scale from cosmic magnetic field”, T. Fujita and S. Mukohyama. JCAP 1210, 034 (2012) [arXiv:1205.5031].
趣味 関心

茶道、山登り

所属学会

日本物理学会

受賞歴

2014 Outstanding Presentation Award Gold Prize, 24th Japanese workshop on General Relativity and Gravitation (JGRG 24)

Related Articles 関連記事

ベルランゲ河野 紀子
IMPEDOVO, Maria Antonietta
福永 津嵩
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる