Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

その他

武藤 慶

名前

武藤 慶 (MUTO, Kei)

取得学位

博士 (理学)

資格

講師

HP(URL)

http://www.jyamaguchi-lab.com/member/kmuto                     .

研究テーマ

多置換脂環式分子合成を志向した脱芳香族的官能基化の開発

ベンゼンなどの芳香族分子は入手容易である。これらは二次元構造をもつという特徴があるのに対し、脂環式分子は環上の置換基の位置や立体配置により構造を変化させ様々な三次元構造を示す。この性質から脂環式分子は創薬化学において高い標的タンパク質選択性をもつと期待され、積極的に検討される。しかし、脂環式分子の合成において、置換基の位置や立体化学の制御が容易ではなく、しばしば合成は多工程を要する。ここで、芳香族分子のもつ環状骨格を活かし、脱芳香族的に環上に置換基を導入できれば強力な脂環式分子合成法となりうる。しかし、芳香族分子は安定なため、脱芳香族と同時に置換基を導入する手法、すなわち脱芳香族的官能基化法は最高難度の変換である。本研究では、脂環式分子合成に革新をもたらすべく、分子触媒を用いて新規脱芳香族的官能基化法の開発を目指す。

略歴

2015.09: 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻 博士
2013–2016: 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2012.05–2012.08:武漢大学(中国), 訪問学生
2015.10–2016.03:名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 博士研究員
2016–2018: 早稲田大学先進理工学部応用化学科 助教
2018–202:0早稲田大学先進理工学部応用化学科 講師(任期付)
2020–現在: 早稲田大学高等研究所 講師

研究項目

有機化学、有機合成化学、有機金属化学、脱芳香族

主な研究業績
  • Komatsuda, M.; Kato, H.; Muto, K; Yamaguchi, J. “Pd-Catalyzed Dearomative Three-Component Reaction of Bromoarenes with Diazo Compounds and Allylborates” ACS Catal. 2019, 9, 8991–8995.
  • Komatsuda, M.; Muto, K.; Yamaguchi, J. “Pd-Catalyzed Dearomative Allylation of Benzyl Phosphates” Org. Lett. 2018, 20, 4354–4357.
  • Takise, R.; Isshiki, R.; Muto, K.; Itami, K.; Yamaguchi, J. “Decarbonylative Diaryl Ether Synthesis by Pd and Ni Catalysis” J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 3340–3343.
  • Muto, K.; Hatakeyama, T.; Yamaguchi, J.; Itami, K. “C–H Arylation and Alkenylation of Imidazoles by Nickel Catalysis: Solvent accelerated Imidazole C–H Activation” Chem. Sci. 2015, 6, 6792–6798.
  • Oshima, T.; Yamanaka, I.; Kumar, A.; Yamaguchi, J.; Nishiwaki-Ohkawa, T.; Muto, K.; Kawamura, R.; Hirota, T.; Yagita, K.; Irle, S.; Kay, S. A.; Yoshimura, T.; Itami, K. “C–H Activation Generates Period Shortening Molecules Targeting Cryptochrome in the Mammalian Circadian Clock” Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 7193–7197.
  • Muto, K.; Yamaguchi, J.; Musaev, D. G.; Itami, K. “Decarbonylative Organoboron Cross-coupling of Esters by Nickel Catalysis” Nature Commun. 2015, 6, 7508.
  • Xu, H.; Muto, K.; Yamaguchi, J.; Zhao, C.; Itami, K.; Musaev, D. G. “Key Mechanistic Features of Ni-catalyzed C-H/C-O Biaryl Coupling of Azoles and Naphthalen-2-yl Pivalates” J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 14834–13844.
  • Takise, R.; Muto, K.; Yamaguchi, J.; Itami, K. “Nickel-Catalyzed α-Arylation of Ketones with Phenol Derivatives” Angew. Chem., Int. Ed. 2014, 53, 6791–6794.
  • Muto, K.; Yamaguchi, J.; Lei, A.; Itami, K. “Isolation, Structure, and Reactivity of an Arylnickel(II) Pivalate Complex in Catalytic C-H/C-O Biaryl Coupling” J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 16384–16387.
  • Meng, L.; Kamada, Y.; Muto, K.; Yamaguchi, J.; Itami, K. “C–H Alkenylation of Azoles with Enols and Esters by Nickel Catalysis” Angew. Chem., Int. Ed. 2013, 52, 10048–10051.
  • Amaike, K.; Muto, K.; Yamaguchi, J.; Itami, K. “Decarbonylative C–H Coupling of Azoles and Aryl Esters: Unprecedented Nickel Catalysis and Application to Synthesis of Muscoride A” J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 13573–13576.
  • Muto, K.; Yamaguchi, J.; Itami, K. “Nickel-Catalyzed C–H/C–O coupling of Azoles with Phenol Derivatives” J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 169–172.
趣味 関心

マラソン,自転車,バレーボール,ラーメン

所属学会

日本化学会
有機合成化学協会
近畿化学協会
日本プロセス化学会

受賞歴

2019:  JXTGエネルギー優秀研究賞
2018:  JXTGエネルギー優秀研究賞
2017:  井上研究奨励賞
2016:  Reaxys PhD Prize Finalist
2016:  日本学術振興会 育志賞
2016:  名古屋大学学術奨励賞
2014:  日本化学会第94春季年会 学生講演賞
2013:  大津会議アワードフェロー
2013:  名古屋大学大学院理学研究科顕彰
2013:  名古屋大学大学院理学研究科優秀学位論文賞
2012:  第59回有機金属化学討論会 ポスター賞
2012:  第29回有機合成化学セミナー ポスター賞
2011:  第100回有機合成化学シンポジウム ポスター賞

Related Articles 関連記事

New
相澤 俊明
XU, Alison
眞鍋 智裕
永島 優
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる