Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

その他

岡本 悠子

名前

岡本 悠子 (OKAMOTO, Yuko)

取得学位

博士(理学)

資格

講師

HP(URL)

https://researchmap.jp/yokamoto/

研究テーマ

機能的磁気共鳴画像法を用いた集団行動に関わる認知神経科学的メカニズムの解明

自閉スペクトラム症はコミュニケーションが苦手なだけでなく、感覚・運動による困り感を持つことが知られています。これまで、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いて脳機能を調べることで、運動・感覚特性と2者間コミュニケーションに共通に関与する脳領域があることを報告してきました。これらの知見をふまえ、集団の中での困り感がどのように生じるのか調べていくことで、教育など社会に応用できる研究を目指しています。また、前職ではさまざまな分野をベースにしたfMRI研究のコンサルティングに携わってきました。現在、教育・スポーツを専門とする研究者との共同研究も行っています。fMRIを使って自分の研究を発展させたい研究者のアシスト役も担っていきたいです。

略歴

2020.4: 早稲田大学高等研究所 講師(任期付)
2018.4 – 2020.3: 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 研究員
2017.7 – 2020.3: 株式会社ATR-Promotions 脳活動イメージングセンタ 研究アドバイザー・研究員
2017.7 -: 福井大学子どものこころの発達研究センター 特別研究員
2017.10 – 2018.3: 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科 非常勤講師
2014.5 – 2017.6: 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科 助教
2014.4 – 2017.6: 福井大学子どものこころの発達研究センター 特命助教
2013.4 – 2014.3: 鳥取大学地域学部 プロジェクト研究員
2010.4 – 2013.3: 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2008.4 – 2013.3: 総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻 博士(理学)取得
2004.4 – 2008.3: 順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科 学士(スポーツ科学)取得

研究項目

fMRI, 子ども, 発達, 発達障害

主な研究業績
  1. Okamoto et al. Differences between children and adults in functional connectivity between the inferior frontal gyrus and extrastriate body area for gestural interaction. Social neuroscience, in press
  2. Owada et al. Quantitative facial expression analysis revealed the efficacy and time course of oxytocin in autism. Brain. 2019
  3. Amemiya et al. Local-to-distant development of the cerebrocerebellar sensorimotor network in the typically developing human brain: a functional and diffusion MRI study. Brain Structure and Function. 2019
  4. Sasaki et al. Distinct sensitivities of the lateral prefrontal cortex and extrastriate body area to contingency between executed and observed actions. Cortex. 2018
  5. Yamasue et al. Effect of intranasal oxytocin on the core social symptoms of autism spectrum disorder: a randomized clinical trial. Molecular Psychiatry. 2018
  6. Morita et al. Self-Face Recognition Begins to Share Active Region in Right Inferior Parietal Lobule with Proprioceptive Illusion During Adolescence. Cerebral cortex. 2018
  7. Okamoto et al. Altered perspective-dependent brain activation while viewing hands and associated imitation difficulties in individuals with autism spectrum disorder. Neuroimage Clinical. 2018
  8. Naito et al. Development of Right-hemispheric Dominance of Inferior Parietal Lobule in Proprioceptive Illusion Task. Cerebral cortex. 2017
  9. Morita et al. Self-face recognition shares brain regions active during proprioceptive illusion in the right inferior fronto-parietal superior longitudinal fasciculus III network. Neurocience. 2017
  10. Okamoto et al. Age-dependent atypicalities in body- and face-sensitive activation of the EBA and FFA in individuals with ASD. Neuroscience research. 2017
  11. Komeda et al. Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders. Scientific reports. 2016
  12. Kosaka et al. Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial. Translational psychiatry. 2016
  13. Fujioka et al. Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults. Molecular autism. 2016
  14. Okamoto et al. The potential of nasal oxytocin administration for remediation of autism spectrum disorders. CNS Neurol Disord Drug Targets. 2016
  15. Arai et al. Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD. Brain & development. 2015
  16. Takiguchi et al. Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: functional MRI Study. British Journal of Psychiatry Open. 2015
  17. Masuya et al. Sex-different abnormalities in the right second to fourth digit ratio in Japanese individuals with autism spectrum disorders. Molecular autism. 2015
  18. Okamoto et al. Attenuation of the contingency detection effect in the extrastriate body area in autism spectrum disorder. Neuroscience research. 2014
  19. Kitada et al. Role of the precuneus in the detection of incongruency between tactile and visual texture information: A functional MRI study. Neuropsychologia. 2014
  20. Miyahara M, Kitada R, Sasaki AT, Okamoto Y, Tanabe HC, Sadato N. From gestures to words: spontaneous verbal labeling of complex sequential hand movements reduces fMRI activation of the imitation-related regions. Neuroscience research. 2013
  21. Kitada et al. Early visual experience and the recognition of basic facial expressions: involvement of the middle temporal and inferior frontal gyri during haptic identification by the early blind. Frontiers in human neuroscience. 2013
  22. 小坂 et al. 発達障害の新しい治療法 ~オキシトシンを中心に~. チャイルドヘルス 2016
  23. 岡本 et al. 児童・青年期の脳機能画像研究 2. 児童青年精神医学とその近接領域 2015
  24. 小坂 et al. 自閉スペクトラム症の脳画像研究 (特集 自閉症研究の最前線). 精神科 2015
  25. 岡本 et al. 小学校の異年齢集団交流による児童間の親密度の変化. 地域学論集 : 鳥取大学地域学部紀要 2014
  26. 小坂 et al.【社会脳科学:領域を越えた融合と発展】 自閉症スペクトラム障害の社会性障害を探る fMRI研究. 日本生物学的精神医学会誌 2012
  27. Okamoto et al. The neuroimaging of brain diseases: structural and functional advances. Chapter10. pp233-244 2018 Springer
  28. 岡本 et al. 子ども・大人の発達障害診療ガイドブック―年代別にみる症例と発達障害データ集 Part3 9章 pp238-240 2017 中山書店
  29. 小坂、岡本. 自閉スペクトラム症への治療効果予測のための検査方法. 特願2015-99500
趣味 関心

所属学会

日本ヒト脳機能マッピング学会、
日本心理学会、
日本神経科学学会

受賞歴

2019: 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 優秀社長ファンド提案賞
2015: 日本ヒト脳機能マッピング学会 ベストポスター賞
2015: 福井大学医学部 2015年度前期 優秀論文 (責任著者)
2012: 総合研究大学院大学 ポスター最優秀賞
2011: 日本ヒト脳機能マッピング学会 若手奨励賞
2009: 総合研究大学院大学 ポスター最優秀賞

Related Articles 関連記事

相澤 俊明
XU, Alison
武藤 慶
眞鍋 智裕
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる