Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

その他

金 ヨンロン

名前

金 ヨンロン (KIM, Younglong)

取得学位 Degree

博士(学術)

資格 Status

講師

HP(URL)

研究テーマ

「法と文学」理論を日本近現代文学に応用するための基礎研究:東京裁判を中心に

日本近現代文学を法制度との関係において捉え直すことを目指しています。特に戦後の法体制を形作る上で重要な役割を果たした東京裁判と東京裁判を描いた文学作品に注目しています。

略歴

2017.2  東京大学博士号取得
2017.4-  津田塾大学非常勤講師
2017.4-2018.9  早稲田大学客員次席研究員
2018.4-9  日本大学非常勤講師
2018.10-2019.3  日本学術振興会外国人特別研究員(早稲田大学)
2019.4-  早稲田大学高等研究所講師

研究項目

日本近現代文学
法と文学
東京裁判

主な研究業績
  • 金ヨンロン『小説と〈歴史的時間〉——井伏鱒二・中野重治・小林多喜二・太宰治』(世織書房、2018年2月)※「東京大学学術成果刊行助成」による刊行
  • 金ヨンロン「(井上ひさし特集)法と文法――井上ひさし『夢の痂(かさぶた)』を中心に――」(『社会文学』48号、2018年8月)
  • 金ヨンロン「戦争裁判が甦る契機――木下順二『神と人とのあいだ』を手掛かりに――」(『日本文学研究ジャーナル』9号、2019年3月)など
趣味 関心

所属学会

日本近代文学会
日本文学協会
日本社会文学会
昭和文学会

受賞歴 Awards

Related Articles 関連記事

LAN, Pei-Chia
GROSSMANN, Martin 
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる