Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

その他

木村 蘭平

名前

木村 蘭平 (KIMURA, Rampei)

取得学位

博士 (理学)

資格

講師

HP(URL)

Monthly Spotlight

[Monthly Spotlight]は研究員にスポットをあて、研究内容とそのビジョンを毎月紹介していくコンテンツです。
新たな重力理論の探求~宇宙の加速膨張の起源を探る~木村蘭平 講師

研究テーマ

新たな重力理論に基づく宇宙論に関する研究

現在の宇宙は加速膨張をしていることが知られていますが、一体何が加速膨張を引き起こしているのかは未だ解明されていません。今後の観測により、我々は、より精密な情報を入手できることを期待しています。この加速膨張の起源を探るため、新たな重力理論の構築やその性質の解明などの基礎理論研究から天文学的・宇宙論的観測を用いた検証を行っています。

略歴

2012 広島大学大学院理学研究科 博士(理学)取得
2013日本学術振興会 特別研究員PD(広島大学大学院理学研究科)
2013-2014 日本学術振興会 特別研究員PD(東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター)
2014-2016 日本学術振興会 海外特別研究員(ニューヨーク大学、Center for Cosmology and Particle Physics)
2016-2018東京工業大学理学院 研究員
2018-present 早稲田大学高等研究所 講師

研究項目

宇宙論、重力理論、ダークエネルギー、ダークマター

主な研究業績
  1. Rampei Kimura, Yuki Sakakihara, Masahide Yamaguchi, “Ghost free boson-fermion co-existence system”, Physical Review D, 96, 044015, (2017)
  2. Rampei Kimura, Atsushi Naruko, Daisuke Yoshida, “Extended vector-tensor theories”, Journal of Cosmology and Astroparticle Physics, 01, 002, (2017)
  3. Rampei Kimura, Takahiro Tanaka, Kazuhiro Yamamoto, Yasuho Yamashita, “Constraint on ghost-free bigravity from gravitational Cherenkov radiation”, Physical Review D, 94, 064059, (2016)
  4. Gregory Gabadadze, Rampei Kimura, David Pirtskhalava, “Vainshtein Solutions Without Superluminal Modes”, Physical Review D, 91, 124024, (2015)
  5. Lavinia Heisenberg, Rampei Kimura, Kazuhiro Yamamoto, “Cosmology of the proxy theory to massive gravity”, Physical Review D, 89, 103008, (2014)
  6. Gregory Gabadadze, Rampei Kimura, David Pirtskhalava, “Selfacceleration with Quasidilaton”, Physical Review D, 90, 024029, (2014)
  7. Rampei Kimura, Daisuke Yamauchi, “Derivative interactions in de Rham-Gabadadze-Tolley massive gravity”, Physical Review D, 88, 084025, (2013)
  8. Rampei Kimura, Kazuhiro Yamamoto, “Constraints on general second-order scalar-tensor models from gravitational Cherenkov radiation”, Journal of Cosmology and Astroparticle Physics, 07, 050, (2012)
  9. Rampei Kimura, Tsutomu Kobayashi, Kazuhiro Yamamoto, “Vainshtein screening in a cosmological background in the most general second-order scalar-tensor theory”, Physical Review D, 85, 024023, (2012)
  10. Rampei Kimura, Tsutomu Kobayashi, Kazuhiro Yamamoto, “Observational Constraints on Kinetic Gravity Braiding from the Integrated Sachs-Wolfe Effect”, Physical Review D, 85, 123503, (2012)
  11. Tatsuya Narikawa, Rampei Kimura, Tatsunosuke Yano, Kazuhiro Yamamoto, “Halo models in modified gravity theories with self-accelerated expansion”, International Journal of Modern Physics D, 20, 2383-2397, (2011)
  12. Rampei Kimura, Gen Nakamura, Kazuhiro Yamamoto, “Quantum Larmor radiation in a conformally flat universe”, Physical Review D, 83, 45015, (2011)
  13. Rampei Kimura, Kazuhiro Yamamoto, “Large Scale Structures in Kinetic Gravity Braiding Model That Can Be Unbraided”, Journal of Cosmology and Astroparticle Physics, 04, 025, 2011
趣味 関心

音楽、料理

所属学会

物理学会

受賞歴

“Outstanding Presentation Award Gold Prize”, RESCEU symposium on general relativity and gravitation JGRG 22, University of Tokyo, November 2012

Related Articles 関連記事

LAN, Pei-Chia
GROSSMANN, Martin 
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる