Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

その他

田中 昌子

名前

田中 昌子(TANAKA, Masako )

取得学位

博士(医学)

資格

講師

HP(URL)

https://www.waseda.jp/sem-godalab/

Monthly Spotlight

[Monthly Spotlight]は研究員にスポットをあて、研究内容とそのビジョンを毎月紹介していくコンテンツです。
シャペロンの相互作用を用いて、がん細胞のストレス応答を明らかに 田中昌子 講師

研究テーマ

シャペロン結合解析に基づいた抗がん剤耐性機構の解明

抗がん剤は治療初期には効果を示しますが、治療を続けるとやがて効果がなくなります。これを抗がん剤耐性と呼びますが、現在までに耐性を解除する治療薬は開発されていません。私たちはこれまでにシャペロンと結合するタンパク質を解析する独自の実験系を確立しています。本手法は遺伝子の発現変化を伴わないストレス応答機構を解明できる画期的な方法です。本研究ではこの実験系を応用し、耐性の原因となる分子の探索や耐性の分子機構を解明する研究を展開します。

略歴

2005年:大阪市立大学大学院理学研究科生物地球系専攻 修士課程 修了
2012-2014年:日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2014年:大阪市立大学大学院医学研究科基礎医科学専攻 博士課程 修了
2014-2017年:大阪市立大学医学部 特任助教
2017-2018年:早稲田大学先進理工学部生命医科学科 助教
2018-現在に至る:早稲田大学高等研究所 講師(任期付)

研究項目

抗がん剤耐性、インタラクトーム、シャペロン

主な研究業績
  1. Kita K, Shiota M, Tanaka M et al. Heat shock protein 70 inhibitors suppress androgen receptor expression in LNCaP95 prostate cancer cells. Cancer Sci. 108:1820-7 (2017)
  2. Takahashi K, Tanaka M. et al. Protection of stromal cell-derived factor 2 by heat shock protein 72 prevents oxaliplatin-induced cell death in oxaliplatin-resistant human gastric cancer cells. Cancer Lett. 378:8-15 (2016)
  3. Tanaka M et al. Identification of low-abundance proteins in serum via the isolation of HSP72 complexes. J Proteomics. 136:214-21 (2016)
  4. Tanaka M et al. Establishment of neutralizing rat monoclonal antibodies for fibroblast growth factor-2. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 33:261-9 (2014)
  5. Tanaka M et al. Hsc70 contributes to cancer cell survival by preventing Rab1A degradation under stress conditions. PLoS ONE 9:e96785 (2014)
  6. Takahashi K. Tanaka M et al. Establishment of a 5-fluorouracil-resistant triple-negative breast cancer cell line. Int J Oncol. 43:1985-91 (2013)
  7. Tanaka M et al. Generation of a rat monoclonal antibody specific for hsp72. Hybridoma 30:397-400 (2011)
  8. Shiota M, Saiwai H, Mun S, Harada A, Okada S, Odawara J, Tanaka M et al. Generation of a rat monoclonal antibody specific for heat shock cognate protein 70. Hybridoma 29:453-6 (2010)
  9. Tanaka M et al. Sensitive stages for photoperiodic induction of pupal diapause in the flesh fly Sarcophaga similis (Meade) (Diptera: Sarcophagidae). Appl Entomol Zool. 43:403-7 (2008)
趣味 関心

陶磁器
手ぬぐい

所属学会

日本薬理学会
日本癌学会
臨床ストレス応答学会
日本がん分子標的治療学会

受賞歴

2017年:若手研究奨励賞(第12回臨床ストレス応答学会大会)
2017年:第62回大阪市医学会賞
2016年:第61回大阪市医学会賞
2013年:優秀発表賞(第86回日本薬理学会年会)

Related Articles 関連記事

LAN, Pei-Chia
GROSSMANN, Martin 
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる