The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

Contest

プレゼンコンテスト

For Visitors

ご来場の皆様へ

会場へのアクセス

大学生の皆様へ

チェーンソーを片手に岡山県やアルゼンチンの森林で間伐作業に取り組む学生、「子ども達と未来を築きたい!」とベトナムやハワイで教育支援に取り組む学生、タンザニアの村でホームステイしながら、岩手県の仮設住宅に宿泊しながら、“環境と調和するコミュニティ”を考える学生など……

本気でボランティアに取り組む学生が一堂に会するボランティアプレゼンコンテスト。

WAVOC では、このイベントを通してより多くの学生が社会に貢献する志をもち、行動することと、既に参加している学生たちがみつけた社会課題を発信することを促したいと考えています。

ぜひ一度ご来場ください。経験豊かな先輩から実体験を聞けば、今までの価値観を揺さぶられるはずです。

教育関係者の皆様へ

WAVOCが設立された2002年より、科目履修者やプロジェクト参加者をあわせて、のべ15万人以上の学生たちがボランティアに関わってきました。

社会貢献・ボランティア活動を通して、学生たちは社会問題に気づき、考え、行動し、現場体験の知を学術的な知につなげることで、教養を広げ、専門性を深化させています。

ボランティア活動などの社会体験は、あとから振り返って省察すること(=リフレクション)がとても大切です。

WAVOCでは全学の学生を対象に2014年度より「体験の言語化」シリーズをグローバルエデュケーションセンター新設科目として展開したり、本イベントにて「プレゼンテーションコンテスト」を開催しております。

本学の学生たちがボランティア活動を通じて学んだことをあらためて振り返り、言葉にして共有し、自分自身の成長につなげることを目的としています。

なお、本コンテストは2017年度におきましては活動報奨金のコンペティションでもあります。かかる運営におきましては、WSC(WASEDAサポーターズ倶楽部)メンバーズ基金の果実を活用させていただきます。

今後も様々な施策を講じていきたいと考えています。この機会にぜひ足をお運びくださいますよう宜しくお願い致します。

gengoka_eyecatch

科目「体験の言語化」

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる