The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

その他

平山雄大 講師

平山 雄大 HIRAYAMA, Takehiro

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター講師(任期付)。研究者データベース

平山写真

人生の転機とWAVOCへの道のり

1つ目は、18歳のときに訪れたインド。初海外・初一人旅で、1ヵ月半に渡って各地をさまよい歩き、未知の場所へ行く楽しさ、異なる価値観や文化に触れる面白さにすっかりはまってしまいました。その後、学生時代を通して東南アジア・南アジア・中央アジア各国を中心に旅を繰り返し、「世界は広く、本当にいろいろな人がいる!」ことを知りました。

2つ目は、WAVOCとの出合い。特に2006~2008年度に開講されたWAVOC提供科目「地球体験から学ぶ異文化理解―ブータン王国での実践を通して学ぶ―」で3年間TAを務めた経験は、その後ブータン研究の道に進む直接的な契機となりました。加えて、同時期に内閣府の青年国際交流事業に関わるようになったこと。活動を通してたくさんの仲間を得て、人の繋がりの連鎖が起きていきました。

早稲田大学教育総合研究所で助手として働いていたときに教員公募に応募し、採用され、今度は教員という立場でWAVOCに帰ってまいりました。

自分にとってのWAVOCの魅力は?

  • 「理論」と「実践」の結節点であり、「大学」と「社会」の結節点であること。
  • 世界が広がる場所であること。
  • 可能性の宝庫であること。

授業や活動するうえでのこだわりは?

漠然とした興味関心を学術的な課題として組み立てる力、自分と異なる意見や考えを持つ者を理解する力、獲得した知識や経験を次に繋げる力を育むことを特に目指しています。

学生たちに対して思うことやメッセージ

批判的な視点・思考を忘れずに。そして失敗を恐れずに。とにかくいろいろなことに挑戦して、失敗を繰り返して、そこからの学びを大切にしてほしいです。

今後、WAVOCで実現したいこと

一学生としてWAVOCの活動に携わった経験を大学教育に還元・応用することを通して、WAVOCの発展に寄与したいと思います。

担当授業・プロジェクト(2019年度)

 執筆・執筆協力・モノグラム 等

関連先リンク

連絡先メールアドレス

[email protected]

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる