Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

About the Office

オリンピック・パラリンピック事業推進室について

Messages

ご挨拶

理事ご挨拶

理事/オリンピック・パラリンピック事業推進担当

友添 秀則

来年に迫った東京2020大会は、単なるスポーツの大会ではなく、国際親善や世界平和を考え、さらには学生が将来世界でリーダーシップを発揮するための礎を築く重要な機会です。これまで日本のスポーツ界の歴史にさまざまな形で貢献してきた早稲田大学は、その伝統を引き継ぎ、大会の成功とその後のレガシーの構築に貢献していきたいと考えています。

振り返ってみれば、1964年東京大会の最終聖火ランナーは本学競走部に所属していた坂井義則さんでした。またフェンシング競技では、現在の早稲田アリーナが試合会場として利用されました。そう考えると本学は、ソフト・ハードの両面で、オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシーを残してきたわけです。

本大会でも、アスリートとして出場する学生や校友が実力を発揮するという競技的側面はもちろんのこと、「大会ボランティア」、「都市ボランティア」や「事前トレーニングキャンプにおける学内ボランティア」への学生の参加、各国・競技団体への施設提供等の幅広い活動を通じて、本学がオリンピックマインドに則った模範となる振る舞いを世界に示すことが求められます。

東京2020大会開催までの短い期間の中で、前回大会での先輩たちのマインドを継承し、教旨である「模範国民の造就」をスポーツで実践する、素晴らしい成果に繋げることを目指します。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる