Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

数物系科学拠点の滝沢研二教授とジョイント・アポイントメント教員の共同研究がNature Index 2019 JAPANで紹介されました

早稲田大学の滝沢研二教授とライス大学のタイフン・テズドゥヤー教授(本学ジョイント・アポイントメント教員)が行っている共同研究についての記事が2019年3月21日に発行されたNature Index 2019 JAPANに掲載されました。

本誌では、複数の機関に所属しながら双方で教育研究活動が行うことを可能にするジョイント・アポイントメント(JA)制度により、滝沢教授とテズドゥヤー教授の流体構造連成応用力学の共同研究が強化されたことや最新の研究活動について紹介しています。現在、滝沢教授とテズドゥヤー教授は、数値解析手法を考案し、NASAの火星用パラシュートの降下や大動脈弁をおよび大動脈を含む生体内の血流等、様々な気体や液体といった「流体」の動きをシミュレーションで再現する共同研究を行っています。

                                                                              

 

記事(英文)につきましては以下のリンクからご覧ください。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる