Scholarship早稲田大学 奨学課

For Alumni

卒業生の方へ

Repaying student loans

早稲田大学貸与奨学金の返還

皆様からの返還金は、後輩諸君の奨学金として役立っています。

1.はじめに

早稲田大学貸与奨学金の第1回目の返還は、早稲田大学(高等学院・本庄高等学院・芸術学校を含む)卒業または修了等後の12月に開始され、10年賦でご返還いただくことになります。 第1回目の振込用紙は、入学時に届けられた保証人のご住所にお送りします。ご住所に変更があった方、または送付先ご住所の変更を希望される方は、奨学課までご連絡ください。(在学中に本人住所・保証人住所等に変更があった場合には、所属学部・大学院・学院・専門学校の各事務所に届け出てください。

2.返還方法

(1)返還金額について

返還は10年賦で、1回の返還額は貸与総額の10分の1ですが、 貸与総額のうち千円以下の金額は最終年に算入されます。全額返還や繰り上げ返還はいつでもできますので、早稲田大学奨学課までお問い合わせください。

返還例(貸与総額615,500円の場合)

貸与総額 年賦額 最終年賦額 返還回数
615,500円 61,000円 66,500円 10回

(2)振込用紙について

毎年12月上旬に父母あるいは連帯保証人、また変更された方はその変更先宛にお送りする、早稲田大学貸与奨学金返還専用の振込用紙で、銀行または郵便局で払い込んでください。奨学課から送付する専用の振込用紙以外で振込をされますと、振込人が特定できず、トラブルが発生する恐れがありますので、奨学課から送付する振込用紙以外(ATM・インターネットバンキング等)での振込は絶対になさらないでください。

  • 振込用紙が12月に届かない場合は、必ず奨学課まで請求してください。
  • 振込後の振込用紙の受領証または領収証は大切に保管してください。
  • 返還を怠ると、滞納期間が6ヶ月を超えるごとに、未納分元金に対して5%の延滞金が加算されますのでご注意ください。

3.氏名・住所・電話・勤務先等の変更

変更があった場合には、速やかにハガキまたは電話で届け出てください。届け出には奨学生番号または出身学部・大学院等の学籍番号が必要です。海外渡航または海外勤務される方は、以下(1)・(2)のいずれかの方法を選択し、事前に奨学課までご連絡ください。
(1)海外在留期間分を前納する。
(2)あなたの代わりに払う方(親族の方等)を決め、その方の住所・氏名等を届け出る。

4.返還の猶予について

(1)本学在学による猶予

卒業と同時に本学の学部・大学院・芸術学校に進学した場合には自動的に返還猶予されますが、万一振込用紙が届いた場合は奨学課までご連絡ください。また、一度学籍を離れて再び入学した場合や科目等履修生・研究生・研修生の場合は、奨学課に新しい学籍番号を前学籍番号とともに届け出てください。これにより、本学在学中は返還猶予が認められます。

(2)その他返還が困難な場合の猶予

上記(1)以外の事由により、返還が困難になった場合は、大学所定の「返還猶予願」を奨学課に請求してください。「返還猶予願」と事情を証明する書類に基づく審査のうえ、返還が猶予(延期)される場合があります。

5.返還の免除について

奨学生本人が死亡または重度の心身障害のため返還ができなくなった場合には、願い出により審査のうえ返還を免除することができます。この場合には、ご父母または連帯保証人の方は奨学課までお申し出ください。

6.早稲田大学貸与奨学金に関するお問い合わせ

詳細については、早稲田大学貸与奨学金返還振込用紙に同封しております、「早稲田大学貸与奨学金の返還について」をご覧ください。また、大学への早稲田大学貸与奨学金に関する照会、届け出、返還猶予等については下記までご連絡ください。また、ご連絡の際には必ず奨学生番号をお知らせください。

〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
早稲田大学 学生部奨学課 早大貸与奨学金 係
TEL 03-3203-9701 FAX 03-3232-9497

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/scholarship/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる