Residence Life Center早稲田大学 レジデンスセンター

Waseda International Student House

国際学生寮WISH

Social Intelligence Program

SIプログラム

SIプログラムの目指すもの

グローバル社会においては、文化的な背景も含め、多様なバックグラウンドをもったステイクホルダーの間で問題の解決に立ち向かってゆかなければなりません。論理的思考力はもちろん、主体性、課題発見力など様々な能力が求められます。簡単には結果がでない困難な環境でも、根気よく前進し続ける力がなければなりません。

SIプログラムでは、大学の正課で得た知識・能力を最大限に活用するためのグループワークを中心とした訓練が行われます。異なった国・地域、様々な環境で育った学生たちが集う早稲田の国際学生寮WISHで、かけがえのないチャンスと可能性を手に入れてください。

重要
WISHでは授業期間中の月曜日~金曜日の19時00分~20時30分にSIプログラムを実施し、寮生に参加を義務づけています。寮生は各自の都合に合わせて各学期のはじめに選択した曜日(週1日)に義務として参加して頂きます。ただし、義務という理由で参加するのではなく、成長の機会として積極的に参加することを期待しています。その点を十分に考慮の上、入寮申込みをしてください。

また、SIプログラム費用(20,000円(税別)/1年)が別途かかります。

Self Motivation

このプログラムでは、主体性・合意形成力・コミュニケーション力・モチベーション力など、「社会から真に求められ、選ばれる人材」に必須な能力をグループワークによって養います。学生寮というダイバーシティに富んだ環境を生かし、仲間とのディスカッションをリードすることによって、創造的課題解決力を養ってゆきます。

また、“あこがれの自分”をイメージすることで、学生生活はより実り多いものになります。このプログラムでは、定期的に目標設定と振り返りの機会を設けています。2年間PDCA(PlanDoCheckAction)サイクルを回し続けることで、また一歩“あこがれの自分”に近づいてゆきます。

ステイクホルダと議論を展開するためにはコミュニケーション力が必要です。実はコミュニケーション力>語学力です。コミュニケケーション力を駆使して課題解決のための問題点の共有や、議論のとりまとめをすることはもちろん重要です。しかし、その大前提となる信頼関係が構築できなければ、望む成果は生まれません。相手を理解し、相手から理解され、そして信頼される。コミュニケーションの第一歩は、実は自らを客観的に知ることなのです。

モチベーションとコミュニケーションをコントロールすることで、「自ら考え、行動し、他者と共同しつつ成果を出せる人材」を目指すことが可能になります。努力の報酬はみなさんの可能性という無限の価値です。

Global Communication

自分自身の立ち居振る舞いや態度、他人から見た自分の価値を理解しておくことはコミュニケ一ションを取る上で非常に重要です。特にグローバルな環境では、自分の常識が相手の常識とは限らないのです。本プログラムでは、「maps」というものさしで文化の差を測ります。単に異文化を理解するのでなく、バックグランドが異なる様々な人たちと、上手く意思疎通を図るための方法論を、「maps」を使いながらロ一ルプレイやケーススタディを通して学んでゆきます。

「maps」とは文化の差異を測る次の3つの指標です。

  • Map1
    “SocraticandConfucianSystems”今日の東西の教育の基本的カラーは二人の思想家に依拠するといわれます。そこで教育の伝統がプレゼンテーションやディスカッションスタイルへ与える影響を理解します。
  • Map2
    “Low/HighContextCommunication”「伝達された情報量」と「共有された情報量」の関係は言語によって異なります。「母語」の違いによってコミュニケーションの仕方を変えなければならないことを理解します。
  • Map3
    “Appearanceof(In)Equality”コミュニケーションにおいて形式にこだわる程度は、文化によって異なります。上司をファーストネームで呼ぶことが通例である文化、会議の席順にも上座がある文化。それぞれへの対処方法を理解します。

Faculty Visit

早稲田大学では13の学部にわたって幅広い研究教育活動が行われています。学生の皆さんも正課授業で高い専門性を身につけることでしょう。

FacultyVisitでは、早稲田のファカルティメンバーが学生寮を訪れ、プロの研究者としてわかりやすく話題を提供してくれます。全く新しい分野に感じた興味は自分の専門領域と無関係ではありません。自分とは異なった専門分野を専攻する友人との会話も深まります。幅広い分野にわたるアンテナはきっと将来役立ちます。

Career Seminar

働くことのイメージをもつことは簡単ではありません。キャリアセミナーでは、協力企業から、若手社員を中心に派遣して頂き、情報交換の機会を設けてゆきます。あこがれの先輩を見つけること、それが“あこがれの自分”をイメージする近道です。

SIプログラムの費用の一部は、協力企業や早稲田大学校友会からの寄付金によって賄われます。協力企業からは、経済的なサポートに加え、SIプログラムに先輩社会人をファシリテイターやアドバイザーとして派遣頂く予定です。有意義な学生生活を送るために、あるいは自らのキャリア形成を考える上での貴重なアドバイスを頂くことができます。また、協力企業には、PBL(Project Based LearningあるいはProblem Based Learning)も提供頂きます。

また、早稲田大学の約59万人の卒業生は様々な地域で、多様な分野で広く活躍しています。豊富な経験を積んだ、でも身近な先輩をWISHに迎え、後輩だからこそ伝えたい、とっておきのお話をうかがいます。未来の自分、キャリアパスを考えるものさしを構築してゆきます。

SIプログラムで顕著な成果を挙げた寮生には、海外でのビジネスシーン体験などの機会を提供します。もちろん、費用は大学が負担します(保険料等、一部本人負担があります)。海外ビジネスに直接ふれることは、海外旅行では決して得られない貴重な体験となるでしょう。SIプログラムで身につけた能力をいかんなく発揮して、目標をステップアップしよう。

また、工場見学や実務体験など広く参加者を募るエクスカージョンも実施する予定です。

寮生の声

夢を見つけたい、情熱的な人に会いたい、未知の世界を覗いてみたい、、、SIプログラムはこれらの願いを全て叶えてくれる、私にとって宝物のような時間です。

私の最大のWISH入寮志望理由はSIプログラムの存在でした。大手企業、起業家、アナウンサー、世界を舞台に活躍する方など多岐にわたるゲストスピーカーによって行われるこの講義に私は入寮以来ほぼ毎回出席しており、多種多様な職業の方々のお話を聞く中で、将来への期待、展望はもちろん、新たな知識を吸収することによる満足感や達成感も味わっています。登壇者は皆情熱とエネルギーに満ち溢れ、人生の歩み方や物事の考え方、自分の内面的思考に向き合うきっかけをくれました。

私は各学期末の海外アワードに選出され、カンボジア・タイ、マレーシアでの研修に参加しました。現地で働く方の話を聞いて視察を行い、本格的な企業研修を長期間経験することで新たな刺激や学びを体得し、自分自身を大きく成長させることができたと感じています。

興味・関心の幅を広げ、未来の自分に投資する時間を持てる、そんな環境がWISHにはあります。国籍も学部学科も学年も異なる寮生と、触れ合い、研鑽し合えるのもSIの魅力です。あなたもWISHで一緒に参加しませんか。

(政治経済学部 Y.K.)

寮生と(写真左)

寮生と(写真左)

WISHでの寮生活の中で最も役に立っていると思うのはSIプログラムです。Self Motivationでは毎回様々なテーマで話し合いをします。内容は社会人になっても役立ちそうなものばかりです。いちばん印象に残っているのは模擬裁判のようなことをやったときです。私のグループでは自分たちと相手のグループの意見が対立してしまい、時間内に答えを出せませんでした。大事だったのはどちらかの意見に従うということよりも、それぞれが歩み寄って妥協点を作り、両者が納得できる答えを出すことでした。

また、Global Communicationでは英語を使ってコミュニケーションをします。留学生や帰国子女の方はとても積極的に発言していたため、当初はもう少し私の意見も聞いてほしいというように感じました。しかし、何回かGlobal Communicationに参加したり、Career Seminarでいろいろな方の話を聞いたりするうちに、私が感じていた違和感はただ文化の違いから生まれたものであって、気にすることではないということに気づきました。学べることがたくさんあるSIプログラム。これからも積極的に参加したいです。

(教育学部 Y.F.)

コミュニティキッチンにて(写真中央)

コミュニティキッチンにて(写真中央)

「己の可能性を最大限に広げる」。そんなことができるのがこのSIプログラムの魅力ではないでしょうか。私は高校時に短期留学をした時、様々な国の生徒達とのディスカッションで苦い経験をしました。周囲の積極的な雰囲気にのまれてしまい、自分の意見を主張できませんでした。また、自分が指名されても上手く意見を述べられなかったのです。それ以降、ディスカッションというものが好きでなくなりました。その後出会ったのが、このSIプログラム。日本人講師には、ある物事に対する考え方などのロジックを教わる一方、外国人講師には英語での主張の仕方を教わります。また、参加する寮生も多国籍であるほか、日本人学生であっても様々なバックグラウンドを持っており、そんな彼らとのディスカッションはとても刺激あるものです。このSIプログラムを通して私はディスカッションすることの楽しさを学ぶことができました。将来、国際舞台で活躍することを目標とする私にとって、このSIプログラムとは夢への架け橋です。

(政治経済学部 S.M.)

SIプログラムアワード

SIプログラムで顕著な成果を挙げた寮生には、海外でのビジネスシーン体験などの機会を提供します。費用は大学が負担します(保険料等、一部本人負担があります)。海外ビジネスに直接触れることは、海外旅行では決して得られない貴重な体験となるでしょう。また、工場見学や実務体験など広く参加者を募るエクスカージョンも実施する予定です。

エクスカージョン

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/rlc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる