Residence Life Center早稲田大学 レジデンスセンター

Waseda International Student House

国際学生寮WISH

Facility

施設・設備

フロアガイド

1F 地域交流スペース・店舗

地域社会との交流

1階の寮エントランスでは、フロントデスクが24時間体制で建物全体の警備・設備保守を行い、寮生の安心と安全をサポート。また、イートインスペースが充実したコンビニエンスストアも設置されています。また、地域交流スペースでは、本学の生涯学習機関である早稲田大学エクステンションセンターの公開講座を中心に、地域社会に向けた多様なプログラムが展開されています。

図をクリックすると拡大して見られます。 図をクリックすると拡大して見られます。

2F 学生寮共用施設・寮室

共に学び、共に生活する場

図をクリックすると拡大して見られます。 図をクリックすると拡大して見られます。

2階には寮生の共用施設として、SIプログラムが実施される多目的教室のほか、音楽室やフィットネスルーム・ラウンジ・浴室など、寮生同士が交流を図ることのできる場が提供されています(2階の一部は寮室スペース)。また、ハウスマスター(寮長・寮母)やレジデンスセンタースタッフの運営事務室も設置され、快適で安全な寮生活をサポートしています。

3-11F 学生寮施設・寮室

シャワールーム

シャワールーム

3~11階が寮生の生活空間です。男子専用フロア、女子専用フロアにはセキュリティ付の専用エレベーターでアクセスします。寮室は原則4人1ユニットとなり、各ユニットには個室と4人で利用するリビングが用意され、寮生同士が積極的に交流することでグローバルなネットワークを築くことができます。また、各フロアに24時間利用可能なコミュニティキッチン、シャワールーム、ランドリールームが設置され、手間のかかる水回りはスタッフが清掃します。

図をクリックすると拡大して見られます。 図をクリックすると拡大して見られます。

B1F

地下階には駐輪場(寮生用・一般用)と駐車場(コインパーキング)等が設置されています。

寮室は全室個室スーツケースひとつで憧れの大学生活がスタート

寮室は全室個室です。個室にはベッドやベッドマット(※1)、エアコン、机、椅子、2ドア冷蔵庫などの基本設備が完備されていますので、スーツケースひとつの荷物で新生活をスタートできます。原則4人1ユニット(※2)となり、リビングを4人で共有。入寮後はユニットごとに寮生が「ユニットセッション」を実施し、個室やリビングで音楽を楽しむ時や携帯電話で会話する時の音をはじめ、リビングの掃除頻度やエアコンの設定温度などについて、同じユニット内で生活する上でのルール作りをします。異なる環境で育った者同士が共に生活し、SIプログラムで学びながら日々コミュニケーションを重ねることで、グローバルなネットワークを築くことができるでしょう。

  • ※1 大学指定の防水マットレスカバーを購入いただきます。また、寝具は入寮手続き時にご案内するレンタルサービスを利用するか、各自で購入して必ずご準備ください。
  • ※2 一部、3人、2人ユニットがあります。

充実した施設日本の学生寮では類を見ない充実した施設

寮生の共用施設として、SIプログラムが実施される多目的教室のほか、ラウンジ・ロビー、防音室対応の音楽室、軽運動が可能なフィットネスルーム、浴場(男子・女子)など、寮生同士が交流を図ることのできる場を提供。
また、各フロアには交流スペースを兼ねたコミュニティキッチン、シャワールーム、トイレ、ランドリールームが設置されています。

地震時の揺れの抑制

免震装置の設置により、通常の1.5倍相当の耐震安全性を確保しています。また、1階と2階の間の中間免震層に、5種類の免震装置をバランスよく配置しています。

safety_01 safety_02

環境への配慮光と風を取り入れた建築計画

WISHが開設されている中野国際コミュニティプラザは、屋上を緑化し、太陽光発電設備を設置するなど、環境負荷を低減する環境性能の高い建築計画で建設されています。

光を取り入れる

寮室は原則4人1ユニットとなり、ユニットは4つの寮室(個室)とリビングから構成されます。寮室とリビングはすべて外部に面する配置となるため、自然採光および眺望が確保できます。また、暗くなりがちな中廊下への採光は、外部側・廊下側ともに、ガラス張りのリビングを通して行います。

風を取り入れる

リビングのバルコニーの先端に「整流フィン」を設置することにより、個室部分とリビング部分の外壁に沿って流れる気流に気圧差を発生させ、自然換気を促しています。各個室から外気を取り入れ、個室の通気口よりリビングへ抜ける自然換気を実現しています。

環境に配慮するために

国際学生寮WISHの入る早稲田大学中野国際コミュニティプラザは、国土交通省の「住宅・建築物省CO2先導事業」の採択により補助金を受けています。各フロアの水道・電気使用状況はモニターにてランキング形式で確認することができ、電気および水道の使用量を節約するよう寮生へ意識付けています。

外観

eco_seiryufin

整流フィン

privacy_private02

個室

eco_bedroom

個室の通気口

eco_nagare_ja

自然換気の流れ(イメージ)

eco_room_to_unit

ユニット内廊下の通気口

eco_kyoyo_rouka

自然光を取り入れた共用廊下

eco_monitor

水道電気使用状況モニター

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/rlc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる