Research Activities早稲田大学 研究活動

Research Facilities

共用設備・機器

早稲田大学における共用設備・機器

本学では、限られた学内資源を有効活用するために、各箇所において設備・機器の共用利用を推進しています。各箇所では技術職員や専門スタッフが管理・運用をしており、学内者を中心に利用を開放しております。一部の設備・機器は学外の研究者にも開放しておりますので、詳細は以下のリンク先よりご確認ください。
なお、本学は2020年度に文部科学省の先端研究基盤共用促進事業(コアファシリティ構築支援プログラム)に採択されました。当事業により、共用設備・機器におけるグランドデザインを制定するとともに、機関全体の研究力を強化すべく、共用設備・機器を戦略的に整備して学内外に広く公開した運用を推進していきます。

<文部科学省・先端研究基盤共用促進事業(コアファシリティ構築支援プログラム)>
https://www.mext.go.jp/content/20200729-mxt_kibanken01-000008419_6.pdf

<早稲田大学 コアファシリティ設備・機器グランドデザイン>
https://waseda.box.com/s/rodmvi4r6q5k6kv04qu9zapxwe22kzm1(学内限定)

 

<共用設備・機器 設置箇所>

理工学術院リサーチサポートセンター

http://www.sci.waseda.ac.jp/rsc/
支援分野より、以下4つの部門で構成されています。
●物性計測部門
分子構造解析、結晶構造解析、表面・形態構造解析、元素・熱分析などに関する機器・設備が設置されています。

●微細加工・計測部門
半導体製作・評価、回路作製、電気計測などに関する機器・設備が設置されています。

●材料・工作部門
各種材料の構造物の強度の評価や研究用装置の製作に必要な部品加工に関する機器・設備が設置されています。

●バイオ部門
分子生物学的解析、細胞解析、組織形態解析などに関する機器・設備が設置されています。

 

各務記念材料技術研究所

https://www.waseda.jp/fsci/zaiken/
文部科学省より「環境整合材料基盤技術共同研究拠点」としての認可を得て、構造材料、機能性材料、材料物性等の設計評価に関する機器・設備が設置されています。

 

環境保全センター

https://www.waseda.jp/inst/esc/
排水分析や作業環境測定で使用している分析機器・設備について、研究活動でも利用できるように開放しています。化合物、元素、イオン等の定性・定量に関する機器・設備が設置されています。

 

ナノテクノロジー研究センター

https://www.waseda.jp/inst/nanolife/project/nanotechnologyplatform/facilities/
ナノテクノロジー研究センターは、クラス100を含むの複数のクリーンルームおよび実験室等で構成されており、ナノ加工装置、計測装置、評価装置等を利用することができます。これら設備は、文部科学省の「ナノテクノロジープラットフォーム事業(NPF)」の1拠点として、また「マテリアル先端リサーチインフラ」のスポーク機関として広く学内外の研究者・技術者に開放されており、専門スタッフの下、機器利用や技術相談、技術代行、共同研究を実施することができます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/research/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる