Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

その他

アジア北米研究所(2019.3.31終了)

※現代中国法研究所は、2019年3月31日をもって終了いたしました。

所長

リー マージ クリスティン  [ りー まーじ くりすてぃん ]
国際学術院  教授

概要

アジアと北米における地域社会での多元主義研究

詳細

多元主義の理論からの法言語、政治、経済による地域分析が目的である。 本研究所では5つの多元主義のモデルを研究する。

  1. 法多元主義と「ジェンダ―」問題
    アメリカの既婚女性に対しての税金控除額の矛盾性を分析する。また、相続法でのTrust 概念からの非アメリカ人配偶者での税金控除額制限の妥当性欠如の問題点の分析とアジアでの信託概念を比較する。
  2. アジアとアフリカでのマイノリティにおける比較モデル
    アフリカ諸国の政治的且つ経済的なマージナル化と多元主義の可能性の研究。
  3. 韓半島での地域安保による、北米の在韓国人地域コミュニティの調査、在米韓国人、在カナダ韓国人のロビー活動の背景および政治的な影響の分析。
  4. 多元主義の限界
    国際化における「白書」での情報公開の問題点、日本、韓国、東南アジアにおける中小企業のリスク要素を比較する。外部の公開情報を使って算定するコンパラブル方法と米国のAPA制度のアームズ・レンスのゲーム理論によるシミュレーションの分析
  5. ゲーム理論による日本と米国の生活価値の多様化の分析と実例

顧問

重村 智計

研究所員

樋口 清秀(国際学術院教授)
横田 一彦(商学学術院教授)
リー マージ クリスティン(国際学術院教授)
萬歳 寛之(法学学術院教授)

研究者一覧を見る

招聘研究員

越智 淳子
山形 富夫(山形富夫税理士事務所)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる