Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

News

ニュース

台湾研究所:台北駐日経済文化代表処と調印式を行う

吉野孝機構長(左)、黄冠超教育部長(中央)、梅森直之所長(右)

2020年11月13日、早稲田大学地域・地域間研究機構は台北駐日経済文化代表処(教育部)との間で「台湾研究所研究助成費に関する覚書」(2020-2022年度)の調印式を行いました。

 

当日の様子

調印式には、代表処からは黄教育部長、研究機構からは吉野孝機構長および職員数名が出席、台湾研究所からは梅森直之所長を含め所員3名が陪席いたしました。

当日は、コロナ感染症予防のため、少人数の中で粛々と進められましたが、出席者からの研究に対する想いや今後の目標などが熱く語られた、有意義な調印式となりました。

早稲田大学台湾研究所は、台湾地域研究に特化した研究教育を行う本学のプロジェクト研究所として、本学故西川潤教授が中心となって本学と台北駐日経済文化代表処との間で交わされた「台湾研究助成に関する覚書」が基礎となり、2003年10月に世界に先駆けて発足しました。

覚書は、以降これまで17年間の長きにわたり毎年更新されてきたもので、今年は今年度を含めた3年間の研究助成を一括した調印内容となりました。このように本学台湾研究所は、これまで台北駐日経済文化代表処からの継続的に多大なる力強いご支援を賜り、また関連諸機関の積極的な協力を受けながら、本学およびアジアにおける台湾研究と教育の拠点作りに努めてきました。2010年からは若林正丈前所長(現、早大名誉教授・台湾研究所顧問)のもとで本学で学ぶすべての学生を対象に台湾に関する講義・演習科目を整備し、現在では通年/半期科目を合わせ学部10科目、大学院に1科目を開講しています。

活動内容・成果

研究活動としては、月例の研究ワークショップを開催して国内外の台湾研究者をお招きし講演・討論を行う他、博士課程以上の若手研究者に発表と討論の場を提供する「次世代台湾研究者ワークショップ」、年に一度の国際シンポジウムなどの学術イベントを行ってきました。また、上記の台湾講座における教育の他、学部修士/博士学生向けの国立台湾大学との学生交流合宿などの課外交流活動の機会の提供、および本学台湾関連講座におけるTA/RA制度、関連分野の学位取得者へのポスドク制度、日本における優れた台湾研究への出版助成などを通じた研究教育の支援を行ってきました。本研究所の支援を受けてこれまでに7名が台湾研究関連のテーマで本学から博士号を取得しており、こうした博士学位取得者は本学もしくは他大学教員として活躍する傍ら、本研究所の一員としても研究教育活動を担っています。直近では、本研究所の助成により出版された本研究所研究員小笠原欣幸教授の著書『台湾総統選挙』は、2020年度の樫山純三賞およびアジア太平洋賞特別賞を受賞しました。

また、早稲田大学台湾研究所が世界に先駆けて取り組んできた台湾地域をテーマとする研究教育の先進的な試みは、海外ではカリフォリニア大学、ケンブリッジ大学、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院、国内では九州大学や大阪大学など、現在では国内外のアカデミアに広がっています。本研究所の取り組みは、日本政府からも高く評価され、若林正丈顧問が早稲田大学台湾研究所として、長年にわたる日台学術交流の功労を称され、令和2年「秋の叙勲」において「瑞宝中綬章」を受章しています。このように本研究所は、これまで国内の台湾研究を力強く牽引する原動力となってきました。

2009年4月には早稲田大学旧オープン教育センター(現、グローバルエデュケーションセンター)のテーマスタディ(全学共通副専攻)の一つとして「台湾研究」コースを新たにスタートさせました。当副専攻は、2019年度よりグローバルエデュケーションセンターの学際的副専攻「台湾研究」に発展継承されています。これまでに所定の単位を習得し修了証を受領し卒業した「台湾研究」修了生は22名、講座の受講生はのべ数千名にも及んでおり、修了生は主に研究者やジャーナリストなど各分野で活躍し、台湾に関連した内容の業績を多数挙げています。

今後の目標

台湾研究所は、これまで17年間に渡って培ってきた本学における台湾研究・教育の取り組みの努力と成果を継承しつつ、今後も、歴史、政治、経済、日台交流史など多岐にわたる角度から台湾および日台関係の過去と現在を考察し、台湾を通じた東アジアの将来の可能性についてグローバルな視点に立った研究教育のあり方を模索する世界的な台湾研究の旗艦拠点として安定した日台関係の構築と東アジア地域における平和的共存に寄与してまいります。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる