Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

News

ニュース

第43回ORISセミナー「愛を見つめ続けること、生を撮り続けること−クロード・ルルーシュの映画術」(6/22)

愛を見つめ続けること、生を撮り続けること−クロード・ルルーシュの映画術

  • 日 時
    6月22日(土)/ 14:45~16:15
  • 会 場
    早稲田キャンパス8号館106教室
  • 講演者
    Claude Lelouche(映画監督)
  • 参 加
    無料、どなたでも参加できます。
  • 言 語
    フランス語(同時通訳有)
  • 主 催
    オープン科目「マスターズ・オブ・シネマ」
  • 共 催
    現代フランス研究所、地域間研究所
イベント内容

6月20日に開幕するフランス映画祭のフランス代表団の団長として来日する映画監督クロード・ルルーシュ氏をお迎えして、その映画監督としての長い活動を支えてきた映画作りの方法やポリシーなどについて、インタビュー形式でお聞きする。ルルーシュ監督は、今回の映画祭にも新作『男と女Ⅲ 人生最良の日々』を出品しており、高齢にもかかわらず、創作意欲はさらに増しているかのように見受けられる。『男と女』で一世を風靡してから半世紀以上、世界を魅了してきた監督の秘密に迫る。

※本企画は全学オープン科目「マスターズ・オブ・シネマ」の枠内で実施されます。

Dates
  • 0622

    SAT
    2019

Place

早稲田キャンパス8号館106教室

Tags
Posted

Mon, 17 Jun 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる