Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

News

ニュース

早稲田大学地域・地域間研究機構、延世大学金大中図書館主催「新たな日韓パートナーシップの展望」開催のお知らせ(9/26)

新たな日韓パートナーシップの展望
-小渕-金大中共同宣言20周年記念学術シンポジウム・文化公演-

  • 日 時
    9月26日(水)/ 13:00-17:35
  • 会 場
    早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール
  • 参 加
    無料、どなたでも参加できますが事前登録をお願いします
  • 言 語
    日本語、韓国語(同時通訳あり)
  • 主 催
    早稲田大学地域・地域間研究機構、延世大学金大中図書館
  • 後 援
    外務省、外交部(韓)、文化体育観光部(韓)、韓国コンテンツ振興院、朝日新聞、韓国国際交流財団、USJI、東北亜歴史財団、在日大韓民国民団
  • 協 賛
    岩波書店、集英社、(学)秀林外語専門学校
  • 事前登録
    お申し込みはこちらから

■概要及び趣旨

○「小渕-金大中共同宣言」を通じた両国の本格的な文化交流開始以降、この20年間の日韓関係を振り返り、両国文化交流の成果を再評価し、今後の北東アジアの安定と発展に向けた方策を考える機会とする

○本行事は、共同宣言20周年記念学術会議と文化公演を通じて日韓間の相互協力と文化交流をさらに推進するための役割を果たす

参考

小渕金大中共同宣言
-「小渕-金大中共同宣言」は、小渕恵三首相と金大中大統領が1998年10月8日に発表した「21世紀新たな日韓パートナーシップ共同宣言」である。
– 小渕首相は、日本の植民地支配によって韓国国民に多大な損害と苦痛を与えたという歴史的事実を謙虚に受けとめ、これに対し、痛切な反省と心からのお詫びを表明した。
– また、金大中大統領は、小渕首相の歴史認識の表明を評価し、両国が過去の不幸な歴史を乗り越えて和解と善隣友好協力に基づいた未来志向的な関係を発展させるためにお互いに努力することが時代の要請である旨を表明した。
– 特に、「小渕-金大中共同宣言」には、韓国において日本文化を開放していくとの方針が盛り込まれていたため、両国の交流は増進した。1965年の「日韓国交正常化」以来の両国の交流を促進する上で画期的な宣言であった。

「新」小渕金大中共同宣言の議論
日韓両政府は、それぞれ発足した民間有識者による作業部会がまとめる提言を参考に、新たな共同宣言の作成を行うことになっている。安倍晋三首相は、10月に「21世紀新たな日韓パートナーシップ共同宣言」20周年などをきっかけに、文在寅大統領の訪日を希望すると表明している。

チラシ

Dates
  • 0926

    WED
    2018

Place

早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール

Tags
Posted

Mon, 03 Sep 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる