Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

News

ニュース

早稲田ラテンアメリカ研究所主催シンポジウム「ホセ・ワタナベ その作品、アイデンティティと、見ることの詩学」開催のお知らせ(12/9)

ホセ・ワタナベ その作品、アイデンティティと、見ることの詩学
La poesía, la identidad y el ojo de José Watanabe

今年はペルーの偉大な詩人、ホセ・ワタナベの死去10周年にあたる。彼は、ラテンアメリカやスペインではもっとも著名な詩人の一人として知られている。今回のシンポジウムでは以下の点について考察する。1)ワタナベの作品を理解するにあたって、「日系詩人」というレッテルがどの程度有効なのか、2)もしこのレッテルのために、日系人や俳人以外のワタナベの側面に光が当てられず、その豊かな世界観を十分に捉えることができなくなるとすれば、いかにすれば、他の側面を見出だし、そこから明かになるワタナベの現実をとらえる能力を理解できるだろうか。

  • 日 時
    12月9日(土)/ 14:30-16:25
  • 会 場
    早稲田キャンパス11号館 502教室
  • 参 加
    無料、どなたでも参加できます。
  • 言 語
    スペイン語
  • 講演者
    Randy Muth(畿央大学)
    Alfredo López-Pasarín(早稲田大学)
    間藤 茂子(早稲田大学)
    スケジュールの詳細はこちらのチラシをご欄ください。

このシンポジウムは、JSPS科研費(17K02668)の助成を受けています。

Dates
  • 1209

    SAT
    2017

Place

早稲田キャンパス11号館 502教室

Tags
Posted

Tue, 21 Nov 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる