Research Organization for Nano & Life Innovation早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構

低消費電力光インターコネクション研究所

低消費電力光インターコネクション研究所研究所長 宇髙 勝之 理工学術院教授

概要 /Project

宇高先生情報通信の爆発的増大による通信機器の消費電力急増は、世界的に深刻な社会問題となっています。特に、インターネットにおいて信号を転送するルータや、膨大なデータを蓄積し、転送するデータセンターに設置されたサーバなどで顕著です。本研究所では、多段並列処理チップ間から個々のLSI間に至るまで、信号遅延がほとんどない低消費電力・高速信号処理を可能とする光配線を実現し、さらなる情報社会の発展に貢献することを目指します。アーキテクチャからデバイス、プロセス、システムまで総合的に検討し、大規模シリコン細線導波路光スイッチマトリクス技術による低消費電力・高速化、超高速光信号処理素子技術による高速効率化、ヘテロ素子ハイブリッド集積化技術による効率的な製造技術の研究開発を推進します。

成果 / Topics

Coming Soon

研究者 /Member

研究所長
宇高 勝之(理工学術院教授)

研究所員
松島 裕一(研究戦略センター特任教授)
木村 啓二(理工学術院教授)
庄子 習一(理工学術院教授)

招聘研究員
石川 浩(産業技術総合研究所)
太田 昌孝(東京工業大学)
松本 敦(情報通信研究機構)

ニュース /News

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/nanolife/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる