Business Incubation Section早稲田大学 リサーチイノベーションセンター インキュベーション部門

Supporter

サポーター

提携ベンチャーキャピタル

本学の研究成果をベンチャー企業を通じて事業化し、社会に還元することは、大学の重要な課題の一つと考えています。

そこで、「早稲田大学提携ベンチャーキャピタル」として2社のベンチャーキャピタル(以下「VC」)を選定し、本学の知的財産を活用したベンチャー企業への投資するファンドの組成、ハンズオン支援などを行う提携契約を締結しました。従来のインキュベーション部門の支援に加え、両VCが運営するファンドによるファイナンスの支援が加わる事で、本学の研究成果を活用したベンチャー企業の創出を加速化することを目的としています。

(VCによる支援を希望する本学学生・教職員におかれましては、インキュベーション部門オフィスまでお尋ねください。)

事業支援企業

本学関係ベンチャーの起業やスケールアップを支援する企業をご紹介します。

みずほフィナンシャルグループは、イノベーティブな事業に挑戦するスタートアップ企業(イノベーション企業)を積極的に支援しています。預金取引・決済取引や資金調達等の銀行取引はもちろん、販路拡大・事業提携機会の提供といったビジネス拡大に繋がる各種サポートにも取り組んでいますので、ご関心のある方は以下の問い合わせ先までご連絡ください。

※お問い合わせ先
株式会社みずほ銀行 高田馬場第二部
イノベーション企業支援 高田馬場照会窓口
TEL:03-3361-6111
MAIL: tkb.innovation(a)mizuho-bk.co.jp
※(a)を@に変えてメール送信してください。

Sozo Venturesは、2012年に創設されたカリフォニア州レッドウッドシティを本社とするベンチャーキャピタルで、主にIT系ベンチャーへの投資や、企業のグローバル市場への展開の支援を行っています。
同社の共同創業者の一人であるPhil Wickham氏は、米国屈指のベンチャーキャピタリスト養成機関であるKauffman FellowsのCEOを歴任しています。こうした同社の強みを生かしたベンチャー企業の経営人材の育成、適切なCapital Formationの支援に関し、早稲田大学インキュベーションセンターは今後同社と連携していくこととしています。

 

早稲田アントレプレナー・パートナーズ(WEP)

本学の起業家の成長や研究シーズの事業化に多大なご貢献をいただいている寄附者・寄附企業に対し、感謝の意を表します。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/inc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる