Organization for Islamic Area Studies早稲田大学 イスラーム地域研究機構

Research Activities

研究活動

Joint Usage / Research Center Library and Facility Services

共同利用・共同研究拠点 | 機器・図書利用サービス

photo_1早稲田大学イスラーム地域研究機構では、ネットワーク型共同利用・共同研究拠点として、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」に基づいて整備した研究用の機器・図書資料の共同利用を行っています。この取り組みは、当機構による共同利用・共同研究の支援体制の一環として行われ、共同利用・共同研究に参加する研究者の利便性の向上を目的としています。参加者は、早稲田大学拠点内に設けられた資料室・共同研究室等のスペースにおいて、以下の機器・資料を利用することができます。

利用可能な機器

マイクロフィルムリーダー(プリンタ、接続パソコンなど含む)

設置場所:早稲田大学9号館9階903(マイクロ資料室)

大判プリンタ(B0ノビ幅サイズの用紙に対応)

設置場所:早稲田大学9号館1階103
利用条件:共同研究拠点事業、ならびに公募研究および拠点強化事業にかかわるシンポジウム、研究会等のために利用することに限ります。

利用可能な図書資料など

文部科学省事業予算で購入した研究用図書

所蔵場所:早稲田大学9号館1階103

『英国図書館蔵アラビア語写本集成』
Arabic Manuscripts in the British Library(IDC/H)

所蔵場所:早稲田大学9号館9階903(マイクロ資料室)

このコレクションは、旧大英博物館図書館に由来するアラビア語写本と、旧インド省図書館に由来するコレクションとを初めて統合したものです。英国図書館の分類においては、A~Rの18分類に分けられています。以下は、マイクロフィッシュ版の版元であるIDC社のウェブサイト上の解説の抜粋です。

詳細な所蔵情報・マイクロフィッシュ番号などについては、カタログSubject-guide to the Arabic manuscripts in the British Library (compiled by Peter Stocks; ed. by Colin F. Baker, 2001)(早稲田大学イスラーム地域研究機構共同研究室でも閲覧可)を参照ください。

セクション一覧

セクションA: 聖典クルアーンと、クルアーン学

このセクションには、クルアーンの完本のみならず、テキストの個々のセクション、場合によっては、イスラーム書道にとって重要な単一の葉が含まれる。また、伝統的なクルアーンの読み方や、朗誦の特別な規則にかんする著作も含まれている。このセクションには、クルアーンのテキストの神秘的な解釈とともに、とくにクルアーンに関連する辞書学の著作があり、またクルアーン学についての一般的な著作もある。

A.1.聖典クルアーン

世界で最も古いクルアーンの写本のひとつとして、「斜めになったma’il」書体で書かれた、2/8世紀初頭のものがある。10世紀以前の28点の写本があり、さらに29点の写本が、700/1310年以前のものである。マムルーク朝のスルタン、バイバルス2世のために写された黄金のクルアーンの完本(704-5/1304-6年)がある。また、王宮のパトロンのために写されたクルアーンがあり、イル・ハン朝のオルジェイトゥ(710/1310年)、マムルーク朝のスルタンであるファラジュ・ブン・バルクーク(14世紀)、モロッコのシャリーフ朝のスルタン(16世紀)、マイソール王国のティープー・スルタン(18世紀)のために、それぞれ写されたものである。インド王立図書館所蔵のクルアーンを収め、ニューデリーの王立図書館、ゴルコンダのムハンマド・クトゥブ・シャー図書館、アワド王国ナワーブ図書館に所蔵されていたものがある。

A.2.クルアーンの朗読と朗誦
A.3.注釈
A.4.クルアーン関連文献

A.2.〜A.4.: 聖典クルアーンを朗読したり朗誦したりすることについての200点以上の写本の中には、al-QuhundiziのSharf al-ghayah fi qira’at al-‘ashr(443/1051年)とal-Baghdadiのal-Mustanir al-zahir fi al-qira’at ‘asharah al-bawahir(540/1145年)がある。al-Baydawi、al-Baghawi、Ibn Sina、al-Nasafi、al-Razi、al-Suyuti、al-Tabarsi、al-Tabarsi,al-Tha’alibi、al-Wahidiの著作を含む、ほぼ400点の注釈がある。その他、al-SulamiのHaqa’iq al-tafsir(564/1169年)、al-NisaburiのTafsir al-basa’ir(577/1181年)、al-Rummaniのal-Jami’ al-kabir fi tafsir al-Qur’an(6世紀/12世紀)、al-Zamakhshariのal-Kashshaf’an haqa’iq al-tanzil(676/1277年)等の初期写本がある。

セクションB: ハディース学

al-‘Amili、al-Baghawi、al-Bukhari、al-Dihlawi、Ibn al-Athir、Ibn al-Jazari、al-Kulayni、al-Mazandarani、al-Mundhiri、al-Sharif al-Rabi、al-Tayyibi、al-Tabrizi、al-Sindi、al-Tirmidhi、al-Yashubiなどの人々によって編まれた、ハディース集成の写本が多数ある。6 /12世紀という早い時期に作られた、ハディースの写本12点があり、そのうち最も古いものは、Abu Dawudのal-Sunan (511/1117年)、al-Kunduriのal-Jami’al-musannaf (520/1126年)、al-Shafiのal-Sunan al-ma’thurah (623/1129年)である。

セクションC:カラーム(イスラーム神学)

Abu Hanifah、al-Birkawi、Ibn ‘Abd al-Wahhab、Ibn Babawayh al-Qummi、Ibn Kamal Pasha、Ibn Sina、Ibn Zarruq al-Burnusi、al-Mansur bi-Allah、al-Rassi、al-Sanusiその他の人々の著作の写本がある。al-Maqsad al-asnaf fi asma’ Allah al-husna(595/1199年)を始めとするガザーリーの著作の写本50点。初期の写本のうち、al-Hadi ila al-HaqqのAjwibat al-Hadiとal-Murtada li-Din AllahのKitab masa’il… Ibn al-Hasan、al-RassiのKitab al-masa’ilおよびKitab mustakhraj min kitab al-Tafri’ al-Hasanの4点は479/1086年に写された。著者の生前に書写された作品として、al-DawwaniのSharh al-‘aqa’id sl-adudiyah (15世紀)と、al-Taftazaniの Sharh al-‘aqa’id al-nasafi (768/1367年)がある。

インドで良く知られている人物或いはインド出身者の写本に富んでいる:al-Baghandi、al-Damad、Fayd al-Kashani、al-Isfahani、al-Jurjani、al-Khayali、al-Qarabaghi、al-Lakhnawi、al-Qarabaghi、al-Qushji、al-Siyalkuti、al-Taftazani、al-Tusiなどの作品である。

セクションD:イスラーム法学(フィクフ)
D.1.イスラーム法
D.2.法学派(a-e:スンナ派4法学派+シーア派)
D.3.相続
D.4.その他

ほとんどの場合、著者の宗教的立場ははっきりしているため、このセクションは、さらにスンナ派4法学派およびシーア派法学に分けられる。注釈、法学書、ファトワー集をも含んでいる。また、このセクションは相続に関する著作や、様々な法学派間の比較の文献を含んでいる。全てのイスラーム法学派(ハナフィー派、マーリク派、シャーフィイー派、ハンバル派、そしてシーア派)とイスラーム法制のあらゆる側面とを包括する写本があり、240点以上が4法源について、150点は相続に関する文献である。Ibn Nuiaym、al-Kashghari,al-Mahbubi、al-Marghinani、al-Nasafi、al-Quduriを含むハナフィー派法学者たちの著作の500点以上の写本があり、その内初期の作品は、al-KhuttaliのSharh mukhtasar al-Quduri (537/1142年)、al-Shaybaniのal-Mabsut(568/1173年)である。最も古いマーリク派法学の代表的な著作は、Ibn KhiyarahのFawa’id al-daris al-mushrifah(538/1141年)と、Ibn Zarqunのal-Mu’lim bi-fawa’id kitab muslim(625/1228年)である。al-Ansari、al-Damiri、al-Isnawi、al-Nawawiなどのシャーフィイー派の法学者による著作の写本があり、そのうち最も古いものは、al-Shiraziのal-Mudhhab(540/1145年)である。8世紀/14世紀~9世紀/15世紀にかけての、ハンバル派の写本6点がある。al-‘Almili、al-Hilli、al-Mahdi li-Din Allah、al-Mu’ayyad bi-Allah、al-Wazirといったシーア派法学者たちの250点を超える写本があり、最も初期のものはal-Tusiのal-Mabsut fi al-fiqf(600/1203年)、Ibn Babawayh al-QummiのKitab man la yahduruh l-fiqih (652/1254年)である。

セクションE:神秘主義と敬虔

Ibn al-‘Arabiの著作の13世紀以降の写本118点を収める。al-Allahabadi、al-Dawwani、al-Ghazali、Ibn ‘Ata Allah al-Iskandari、Ibn Ghanim al-Maqadisi、al-Jili、al-Qushayri、al-Sha’rani、al-‘Umariなどの作品の多くの写本がある。最も初期の写本は、al-Qushayriのal-Risalah (504/1110年)、al-SarrajiのKitab al-luma’ fi al-tasawwuf (548/1153年)、 al-BahraniのQawa’id al-lahiyah (658/1260年)である。

セクションF:祈りと説教

13世紀以降の、200点にのぼる著者不詳の選集がある。al-Bannani、Ibn al-‘Arabi、Ibn al-Jawzi、Ibn al-Jazari、Ibn Zarruq al-Burnusi、al-Qari’、al-Harawi、al-Qasri al-Fasi、sl-Shadhiliその他の人々の作品の多くの写本がある。al-Jazuliの作品の16世紀以降の写本47点を収める。

セクションG:哲学

Ibn al-‘Arabi、al-Baghandi、al-Bihari、al-Damad、al-Farisi、al-Katibi、al-Qazwini、al-Khayrabadi、al-Labkani al-‘Uthmani、al-Shiraziなどの作品の多くの写本を収める。al-Farabiの16点の作品があり、うち1点は17世紀の写本で、ニューデリーのムガル図書館に所蔵されていたものである。また485/1092年に書写されたKitab al-Shifaを含むIbn Sinaの哲学的な作品の写本が62点ある。最も古い写本は、著者不詳のal-Mulakhkhas (603/1206年)およびRisalah yatadamman adab wa-hikmah (639/1242年)、Sinan Ibn Thabit のSiyasat al-nufus(639/1242年)、al-RaziのKitab al-Shira al-Falsafiyah (同じく639/1242年)である。al-Kindi al-Qazwiniの作品の初期写本があり、その中には‘Ayn al-qawa’id (677/1278年)、Bahr al-fawa’id (680/1282年)、Jami’ al-daqa’iq (672/1274年)がある。al-Jawnpuri、al-Lakhnawi、al-Mangaluri、al-Siyalkutiといったインド=アラブ哲学者、またインドで著名なal-Jurjani、Mirak al-Bukhari、al-Tusi、al-Yazdiなどによる作品がある。

セクションH:倫理と政治

al-‘Adawi、al-Ghazali、al-Jahiz、al-Tha’alibi、al-Turtushiらの著作の多くの写本がある。またal-Mawardiのal-Ahkam al-sultaniyahの写本3点を収める(540/1145-46年、567/1171年、588/1192年)。

セクションI:伝記
I.1.ムハンマドの伝記
I.2.総記

130を超える預言者ムハンマド伝の写本を収録する。al-Diyarbakri、al-Halabi、Ibn Hisham、Ibn Sayyid al-Nas、al-Qastallani、al-Suyuti、al-Wasiti、al-Yahsubiほかの作品を含む。初期の写本としてはal-WaqidiのKitab al-Maghazi (564/1169年)、Abu Nu’aym al-IsfahaniのDala’ik al-Nubuwah (590/1194年)、al-Mansur bi-AllahのAjwibah fi taqaddum al-sahabah ‘ala ‘Ali (623/1226年)、Ibn Ishaqの13世紀の写本があり、Ibn Qilij MughaltayのKitab al-isharat ila sirat al-mustafaは著者の存命中(748/1347年)に書写された。また、以下の人々による伝記の写本がある:al-Bakri al-Siddiqi、al-Dhahabi、Ibn ‘Arabshah、Ibn ‘Asakir、Ibn Hajar al-‘Asqalani、Ibn al-Jawzi、Ibn Qadi Shuhbah、al-Nabulusi、al-Sha’rani、al-Subki、al-‘Utbi、al-Yafi’iなどである。Ibn ‘Arabshahによるティムールの伝記‘Aja’ib al-maqdurの写本7点があり、15世紀の写本を含んでいる。他の伝記作品で最も古い写本としてIbn ‘Abd al-Barr al-QurtubiのKitab al-isti’ab(564/1169年)、al-Kisa’iのQisas al-anbiya’ (617/1220年)、Ibn Bashkuwalのal-Silah al-akhbar a’immat al-Andalus (625/1227年)がある。著者の存命中に複写された写本として、Ibn ‘AsakirのTarikh Dimashq (559/1163年)、Ibn Hajar al-‘AsqalaniのTabsir al-muntabih(834/1431年)、Ibn KhallikanのWafayat al-a’yan (655/1257年)を含む。

セクションJ:歴史

以下の著者の作品の多数の写本を収録する:Abu Shamah、al-Asma’i、al-Biruni、al-Bukhari、al-Hamdani、al-Himyari、Ibn al-Dayba’、Ibn Kathir、Ibn al-Shihnah、al-Maqqari、al-Maqrizi、al-Mas’udi、al-Qalqashandi、al-Qaramani、Sibt ibn al-Jawzi、al-Suyuti。初期写本としてal-WaqidiのFutuh al-Sham wa-Misr (535/1140年)、al-KindiのAkhbar al-Qudah al-MisriyinおよびTa’rikh Misr wa-Wulatiha (両者ともに624/1227年)、al-TabariのTarikh al-rusul wa-al-muluk (634/1236年)、Ibn ShamkhのQawl fi al-akhbar allati yukhbar biha kathirun (639/1242年)、Ibn QutaybahのKitab al-Ma’arif (644/1246年)、al-Mas’udiのMuruj al-dhahab (13世紀)がある。自筆写本としてal-DhahabiのTa’rikh al-Islam wa-tabaqat al-mashahir wa-al-a’yan (8/14世紀) の一部とal-Kutubiの ‘Uyun al-tawarikh (8/14 世紀)を収める。Ibn Khaldunの存命中に作成されたal-‘Ibarの写本2点がある。

セクションK:言語(アラビア語)
K.1.アラビア語文法

体系的なアラビア語文法の創案者であるSibawayhによるKitab Sibawayh (647/1249年)を収録する。アラビア語文法学の3傑による作品の初期写本、すなわちIbn al-Hajibの存命中に書写されたal-Kafiyat (641/1243年)、Ibn Malikのal-Alfiyah (718/1318年)、Ibn Hisham al-Nahwiの Awdah al-masalik fi sharh alfiyat ibn Malik (15世紀)がある。さらに、以下の著者の作品の多数に及ぶ写本がある:al-Anbari、al-Astarabadi、al-Azhari、al-Ghaznawi al-Dawlatabadi、al-Hariri、Ibn Ajurram、Ibn Hashim、Ibn Mas’ud、al-Jarabardi、al-Jurjani、al-Mutarrizi、al-Quhandizi al-Dariri、al-Zanjani、al-Zamakhshariなどである。その中でも古い写本はal-DinawariのThimar al-sina’ah (583/1187年)、al-Mujashi’iのSharh ‘uyun al-i’rab(583/1187年)、al-BarikiのSharh al-luma’ fi al-nahw (586/1190年)、al-‘UkbariのSharh al-takmilah (616/1219年)である。Ibn al-Hajibの作品の写本約80点を収録する。

K.2.辞書学・文献学

以下の著者による作品の多数の写本を収録する:al-Ajdabi、al-Bayhaqi、al-Farahi、al-Fayyumi、al-Himyari、Ibn al-Athir、Ibn Ma’ruf、Ibn al-Sid al-Batalyusi、al-Jurjani、al-Maydani、al-Mutarrizi、al-Nasafi、al-Nawawi、al-Pattani、al-Qurashi、al-Razi、al-Suyuti、al-Tatma’i、al-Zamakhshariほか。その中でも初期の写本はal-MuhallabiのHashiyah ‘ala al-maqsur (365/976年)、Ibn al-SikkitのKitab al-alfaz (461/1069年)、著者不詳のMajmu’ ghara’ib al-ahadith (488/1095年)、al-QaliのKitab al-bari’ fi al-lughah (5/11世紀)、al-HarawiのKitab al-gharibayn (506/1112-13年)、Ibn Faris al-QazwiniのMujmal al-lughah (550/1155年)、al-Jawhariのal-Sihah fi al-lughah (2種の写本:551/1156年、591/1195年)、al-Tha’alibiのFiqh al-lughah wa sirr al-‘arabiyah (562/1165年)、al-QassamのJana al-jannatayn wa majma’ al-bahrayn min nukhab al-gharibayn (593/1197年)、al-Maydaniのal-Sami fi al asami (599/1203年)を収録。初期写本 (936/1530年、937/1531年、946/1539年)を含むal-Fayruzabadiのal-Qamus al-muhitの複数の写本を収録。他にLaneの『アラビア語―英語辞書』の草稿の写しがある。

K.3.修辞学・韻律学

Abu al-Jaysh al-Andalusi、al-Damamini、al-Hilli、Ibn al-Fanari、al-Jurjani、al-Karimi、Khatib Dimashq al-Qazwini、al-Khita’i、al-Samarqandi、al-Taftazaniらによる作品の複数の写本を収録する。Ibn Rashiqのal-‘Umdah fi mahasin al-shi’r wa-adabihi (644/1246)と Ibn al-Athirのal-Mathal al-sa’ir fi adab al-katib al-sha’ir (683/1285)の初期写本を収める。

セクションL:文学
L.1.アラビア詩

以下の著者による作品の多量の写本がある:al-Abiwardi、Abu al-‘Ala’ al-Ma’arri、Abu Tammam、al-‘Alami、al-Anisi al-Hadawi、al-Arrajani、al-Azhari、al-Burini、al-Busiri、al-Fayyumi、al-Hilli、Ibn al-‘Arabi、Ibn al-Farid、Ibn Hajar al-Haythami、Ibn al-Nabih、Ka’b ibn Zuhayr、Manjak Basha、al-Muhallabi、al-Mutanabbi、al-Nabulusi、al-Safadi、al-Tantarani、al-Tibrizi、al-Tilimsani、al-Wahidi、al-Zawzani。以下のものを含む古い写本がある:al-Mutanabbi (398/1007年)の詩集、’Abid Ibn al-‘Abras (430/1038年)の詩集、’Amir ibn al-Tufayl (430/1038年)の詩集、al-Tirimmah ibn Hakim (430/1038年)の詩集、al-Mutalammis (5/11世紀)の詩集、al-Isfahaniの詩集、Abi Nuwas (584/1198年)の詩集。イスラーム以前の著名な詩集al-Mu’allaqatの写本11点があり、最も初期のものは794/1304年に写されている。

L.2.アラビア散文

al-Habbariyah、al-Hilli、Ibn al-Muqaffa’、Ibn Nubatah、Ibn Zafarらによる作品の多くの写本を収録する。17世紀以降の千夜一夜物語(Alf Laylah wa-Laylah)の写本20点を収める。初期写本の中には、al-Haririのマカーマート(al-Maqamat)の写本2点(557/1162年、563/1168年)とal-MutarriziのKitab al-idahの写本2点(618/1221年、670/1272年)がある。

L.3.選集・その他の文学作品

以下の著者によって編集された作品の多くの写本を収録する:al-‘Amili、al-Antaki、Ibn ‘Abd al-Rabbih、Ibn Hijjah al-Hamawi、Ibn al-Khatib、al-Ibshihi、al-Maydani、al-Nawaji、al-Safadi、al-Tha’alibi。Abu Tammamの著名な選集al-Hamasah の初期の写本(491/1097年、507-37/1113-43年、580/1184年)を複数収めている。al-MarzuqiのSharh al-Hamasah(565/1170年)、al-ZamakhshariのRabi’ al-abrar (604/1208年)およびal-Mustaqsa fi amthal al-‘arab (617/1221年)、al-SarrajのMasari’ al-‘ushshaq (619/1222年)などの初期の写本を収録する。後に『アラブの諺(Arabic Probervs)』として出版されたJ. L. Burckhardtのエジプト格言の選集がある。

L.4.官能的な作品

 

セクションM:芸術と科学

原始科学およびその他の科学がある。諸科学には以下の分野がある:農業、書道、チェス、手品、料理法、鷹狩、宝石学、戦略学、力学、水力学、軍事、音楽、博物学、光学、心理学、手話、獣医学、度量衡など。

M.1.百科事典

Haji Khalifah、Ibn Sina、Ibn al-Wardi、al-Sunbati、al-Suyutiの作品の多くの写本を収録。al-Qazwiniの著名なKitab ‘aja’ib al-makhluqatの写本を10点収録し、その中には14世紀初頭の貴重な挿絵付き写本を含んでいる。

M.2.原始科学

原始科学とは神秘的・魔術的・魔よけ的・疑似自然科学などの文献を包括して指す語である。14世紀のJabir ibn Hayyan、15世紀のal-Tughra’i、16世紀のal-Jildakiによる錬金術の文献を収録。最も古い写本は、11世紀に書写された著者不詳のKitab al-armaniyahである。

M.3.医学

医学文献の初期写本として、Ibn Abi al-Ash’athのKitab al-ghadhi wa-al-mughtadhi(348/960)、Ibn JazlahのMinhaj al-bayan (489/1096年)、Ibn ButlanのTaqwim al-sihhah bi-al-asbab al-sittah (527/1133年)、Sa’id ibn Hibat Allahのal-Mughni fi tadbir al-amrad(534/1139年)、al-MajusiのKamil al-Sina’ah al-tibbiyah (548/1153年)、Hunayn ibn Ishaqの3作品(580/1184年の日付を持つ1写本となっている)を収めている。Ibn Sinaの著名な『医学典範al-Qanun fi al-tibb』の多くの写本があり、最も早い年代は535/1131年のものであり、いくつかの6/13世紀の書写本も含んでいる。後代における貴重かつ珍しい作品がある:疫病の種類、トルコ風ハンマーム、西洋医学の初期影響を反映した近代初期の文献などである。

M.4.数学

Kitab fi al-ashkal (639/1242年)、al-Risala al-‘ala’iyahおよびal-Tadhkirah fi al-hisab (両者とも748/1347年)などの著者不詳の作品の初期写本を収録する。Tahrir usul al-handasah(656/1258年) を含むal-Tusi による作品、al-Durr al-thamin (887/1482年)を含むIbn al-Ha’imによる作品の多くの写本を収める。ほかに、639/1242年に書写された以下の3作品を含む初期の写本がある:Ibn Abi al-Majd al-Katibの Maqalat、Thabit ibn Qurrahの Kitab al-madkhal ila ‘ilm al-‘adad、著者不詳の Kitab fi al-ashkal。インドでよく知られている数学者Ibn al-Haythamとal-Nisaburiによる多くの作品がある。

M.5.天文学

al-‘Amili、al-Barjandi、Ibn al-Haytham、al-Jurjani、al-Nisaburi、Qadizadah、al-Shirazi、Sibt al-Maridini、al-Sufi、al-Tusiらによる多くの作品の諸写本を収録する。最も古い写本は、al-Biruniによるal-Qanun al-Mas’udi (570/1174-75年)である。Thabit ibn Qurrahによる3作品の初期写本(Kitab al-majisti (615/1218年)、Kitab fi hisab ru’yat al-ahillah(639/1242年)、Kitab al-iqtisas (639/1242年))を収める。

M.6.地理学

地理学として’Abd al-Mu’min Ibn ‘Abd al-Haqq、Abu al-Fida’ al-Ayyubi、al-‘Almawi、al-Qazwiniほかによる作品の写本を収録。初期の写本の中には、Yaqut ibn ‘Abd AllahのKitab al-mushtarik wad’an (630/1233年)、Ibn Sa’id al-GharnatiのKitab al-jughrafiyah (700/1300年)、Ibn Sarabiyunの‘Aja’ib al-aqalim al-sab’ah (709/1309年)、al-IdrisiのNuzhat al-mushtaq fi ikhtiraq al-afaq (725/1325年)などがある。

M.7.諸芸術・諸科学
音楽関連の最も古い写本はal-UrmawiのKitab al-adwar al-iqa’ (792/1390年)である。その他の芸術として、書道、料理法、手品、チェス、鷹狩、手話についての作品。戦術に関する諸写本があり、著者不詳のDhikr al-‘amal bi-al-sayf (739/1338年)、美しい挿画の施されたマムルーク騎士道の専門書al-Aqsarayi al-HawafiのNihayat al-su’l wa-al-umniyah fi ta’lim al-furusiyah(773/1371年)などが収録されている。
その他諸科学として、al-Damiriとal-Marwaziによる作品を含む13世紀以降の博物学にかんする諸写本を収録。また著者不詳のWasfat al-bakhur ma’jun (11世紀)を含む化学分野の作品の写本、また光学、機械学、水力学、心理学、al-TifashiのAzhar al-afkar fi jawahir al-ahjar(799/1397年)を含む宝石学、獣医学、度量衡についての諸写本を収録。

 

セクションN:バーブ教・バハーイー教文献
セクションO:ドゥルーズ派文献
セクションP:キリスト教文献

古代シリア文字(Karshuni)で記されたアラビア語文献と、アラビア語に翻訳された多くの文献に加え、二言語併用の文献がある。マムルーク朝期の彩色された四福音書の写本を含む。

セクションQ:ユダヤ教文献

ヘブライ文字やサマリア文字で書かれたアラビア語の作品、またユダヤのみならずムスリムの文化に関連する二言語併用のテキストも含んでいる。9世紀の旧約聖書ヨブ記の写本がある。

セクションR:その他の文書

とくに分類のできない作品、羊皮紙とパピルス(例えば8世紀以降のアラビア=パピルスの選集の断簡、個人的な文書、そして装飾された書道作品などを収める。

書道の手本、手紙、勅令、ワクフ文書のほか、エジプトの統治者であるアフマド・イブン・トゥールーン(Ahmad ibn Tulun)やオスマン朝のスルタン、スレイマン1世とバヤズィド1世のような個人に関連する文書を収録する。またSolomon Negri、J. Perronet-Thompson、Claudius James Richなどの学者の研究ノート(working paper)がある。

 

シャイヒー派写本コレクション

所蔵場所:早稲田大学9号館9階903(マイクロ資料室)

このコレクションは、文部科学省委託事業「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」による公募研究「イスラームにおける知の構造と変容―思想史的視点からの解明」の一環として整備した、シカゴ大学所蔵マイクロフィルム資料です。以下は、このコレクションについての簡単な紹介です。

このシャイヒー派写本コレクションは7つのセクションから成り、それぞれに異なる著者の作品が含まれています。それらの著者は、順にアフマド・ブン・ザイヌッディーン・イフサーイー、カーズィム・ブン・カースィム・ラシュティー、ムハンマド・カリーム・ハーン・キルマーニー、ムハンマド・ハーン・キルマーニー、ザイヌルアービディーン・ハーン・キルマーニー、アブー・アル・カースィム・ハーン・キルマーニー、アブドゥルリザー・ハーン・イブラーヒームです。コレクションは合計24リールで構成されていますが、同じリールの中で、ある著者の作品が終わり、別の著者の作品が始まることがあるので注意が必要です。

詳しくは、シカゴ大学内のウェブサイト(英語)をご参照ください。

 

エジプト事情資料

所蔵場所:早稲田大学9号館9階903(マイクロ資料室)

この資料群は、米国国立公文書館所蔵のエジプト国内事情・外交事情にかんするマイクロ資料 “Confidential U.S. State Department Central Files. EGYPT: Internal Affairs and Foreign Affairs, 1950-1954”(38巻、Decimal Numbers: 774,874, 974 and 674)です(当機構の「NIHUプログラム イスラーム地域研究」予算により購入したもの)。各巻の詳細についてはカタログをご参照ください。

 

回族典蔵全書

所蔵場所:早稲田大学9号館9階903(マイクロ資料室)

回族典蔵全書(呉海鷹主編・甘粛文化出版社)は、1949年以前に発行された回民および中国のイスラームに関する漢文古籍を収録した全235巻のコレクションです(当機構の「NIHUプログラム イスラーム地域研究」予算により購入したもの)。各巻の詳細についてはカタログ(初版) をご参照ください。

利用資格

共同利用・共同研究の主旨に基づき、研究上必要であると認定される研究者・大学院生に公開することを原則とします。ただし管理上の考慮により、当面は下記の条件のいずれかを有する方に利用を許可します。

  • 所属の明確な研究者および大学院生、およびそれに準ずる方
  • 上記以外で、本人から利用許可の申請があった方のうち、その必要性があると認められた方

利用方法

利用時間

夏冬の休暇時間中を除く、平日の午前10時~午後6時とします。

利用手続

事前に、早稲田大学イスラーム地域研究機構までEメール([email protected])で、利用希望機器・資料の詳細とともに利用申請を行ってください。

資料の利用

マイクロ資料は、9号館マイクロ資料室にて閲覧・複写が可能です(貸出はできません)。研究用図書は、共同研究室(9号館103)にて閲覧・複写が可能です。なお資料の複写は、著作権法第31条に基づき、調査研究のために著作物の一部分につき行なうことができます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる