Organization for Islamic Area Studies早稲田大学 イスラーム地域研究機構

Publications

出版

Journal of Islamic Area Studies

ジャーナル

イスラーム地域研究の幅広い情報を提供する研究情報雑誌

『イスラーム地域研究ジャーナル』は、従来の学術雑誌が掲載してきた論文や研究ノートに加え、「イスラーム地域研究」で開催されている様々な研究会の成果や行事など幅広い情報を提供する研究情報雑誌です。

掲載ページ番号をクリックすると、本文(PDF版)のダウンロードが可能です。一部の論文や研究ノートについては、リンク先の早稲田大学リポジトリからご覧ください。
各PDFファイルの利用にあたっては、著作権法の規程に従ってください

Vol.9(2017)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
イスラーム地域研究機構-新たな目標にむけて (桜井啓子)
p.1
2.論文
Heritage, Public Sphere, and Cosmopolitanism in Contemporary Dubai and Qatar (Matthew Gray)
p.3
Aspects of the Islamic Engagement of a Kyrgyz Tribal Chieftain in Russian Central Asia (Tetsu Akiyama) p.16
3.特集
環境・農業・記録管理-文書資料に基づくエジプト環境史の構築
p.27
ギリシア・ローマ期ファイユームをいかに捉えるか:環境史研究の一動向 (髙橋亮介) p.32
西暦7~13世紀ファイユーム研究のために:文書と環境からのアプローチ (亀谷学) p.45
砂糖から穀物へ (熊倉和歌子) p.56
4.研究動向
イランにおける地方史研究の現況:フーゼスターン史研究を事例に (杉山隆一)
p.73
5.書評
Maryam Borjian, English in Post-Revolutionary Iran: From Indigenization to Internationalization (桜井啓子)
p.81
Matthew Gray, Qatar: Politics and the Challenges of Development (千葉悠志) p.85
Arşiv Belgelerine Göre Osmanlı Eğitiminde Modernleşme (長谷部圭彦) p.89
中町信孝『「アラブの春」と音楽-若者たちの愛国とプロテスト』 (木村伸子) p.94
阿部俊大『レコンキスタと国家形成-アラゴン連合王国における王権と教会』 (荒井悠太) p.99
6.レポート
国際セミナー “Islam and Multiculturalism: History, Challenges and Prospects”
p.103
7.書籍紹介 p.109
8.イスラーム地域研究機構の活動報告-2016年度を振り返って p.117
編集後記  

Vol.8(2016)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
人間文化研究機構(NIHU)プログラム・イスラーム地域研究第二期終了に寄せて(桜井啓子)
p.1
2.フォトエッセイ
ミフラーブ紀行(深見奈緒子)
p.3
3.論文
中国ムスリムの「清真」意識と自他認識- 二〇世紀初頭の華北地域におけるハラール問題と「回」「漢」関係(海野典子)
p.12
イスラーム研究におけるデジタル・ヒューマニティーズの活用に向けて- シャー・ワリーウッラー『ハラマインの師たちの瞳孔』に基づく一七-一八世紀ハラマインの学者ネットワーク分析(石田友梨) p.25
日本における預言者ムハンマド画に関する覚書(西村淳一) p.37
4.研究ノート
バングラデシュの十二イマーム・シーア派 -来歴と現状(桜井啓子、フマユン・コビル)
p.54
5.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝8(訳・註:中村妙子 ・柳谷あゆみ・橋爪烈、註:佐藤健太郎・五十嵐大介)
p.64
イラン家族保護法(二〇一三年四月九日成立)に関する覚書(訳・註:佐藤秀信・森田豊子) p.92
イラン家族保護法 (二〇一三年四月九日成立)(訳・注:森田豊子、注:佐藤秀信・細谷幸子・貫井万里・山﨑和美、凡例:爲永憲司) p.96
イブン・スィーナー著『治癒』形而上学訳註 (第一巻第五章)(訳・注:小林春夫・加藤瑞絵・倉澤理・矢口直英、索引:加藤瑞絵) p.107
6.書評
バラーズリー著(花田宇秋訳)『諸国征服史』(松本隆志)
p.118
7.トピック
『イスラーム圏で働く-暮らしとビジネスのヒント』の刊行に寄せて(秋山徹)
p.121
8.早稲田大学イスラーム地域研究機構主催・共催事業の特集
人間文化研究機構第二六回公開講演会・シンポジウム「苦悩する中東」レポート
p.124
第五回イスラーム地域研究国際会議 in 東京 p.131
多文化環境下における価値の交渉 -イスラームとの共生に向けた発展的研究 p.156
9.新刊紹介 p.159
10.イスラーム地域研究機構の活動方向―2015年度をふりかえって p.170
編集後記  

Vol.7(2015)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.湯川武先生追悼特集
湯川さんの思い出(保坂修司)
p.1
湯川武先生を悼む(長谷部史彦) p.6
湯川武先生の思い出 -エジプト・スーダンでのエピソードを中心に-(栗田禎子) p.8
早稲田の頃の湯川先生(佐藤健太郎) p.10
2.紀行文(フォトエッセイ)
グローバルとローカルのあいだ(東長靖)
p.15
3.論文
遊牧英雄からイスラーム的遊牧英雄へ- ロシア帝国の中央アジア統治と現地民コラボレーターの権威(秋山徹)
p.19
4.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝7(訳・註:高野太輔・佐藤健太郎・湯川武・茂木明石)
p.40
フサイン・ムルーワ著『アラブ・イスラーム哲学における唯物論的諸傾向』3(『アラブ・イスラーム哲学における唯物論的諸傾向』読書会) p.57
モハンマド・レザー・パフラヴィー期のイランにおける「家族保護法 (一九七五年成立)」についての覚書(訳・註:森田豊子・佐藤秀信) p.64
イラン家族保護法 (一九七五年二月四日成立)(訳・註:森田豊子、註:佐藤秀信・貫井万里・細谷幸子・山﨑和美、凡例:爲永憲司) p.68
イブン・スィーナー著『治癒』形而上学訳註 (第一巻第四章)(訳・註:小林春夫・加藤瑞絵・倉澤理・矢口直英、索引:倉澤理) p.77
5.書評
フレッド・M・ドナー著 (後藤明監訳、亀谷学・橋爪烈・松本隆志・横内吾郎訳)『イスラームの誕生 -信仰者からムスリムへ』(医王秀行)
p.87
イブン・イスハーク著・イブン・ヒシャーム編註(後藤明・医王秀行・高田康一・高野太輔訳)『預言者ムハンマド伝』 (全四巻)(橋爪烈) p.92
アブデュルレシト・イブラヒム著(小松香織・小松久男訳)『ジャポンヤ -イブラヒムの明治日本探訪記』(海野典子) p.97
6.Islamic Area Studies Series の刊行開始(三浦徹) p.101
7.日本におけるイスラーム地域に関わる大学院教育の実態調査結果 (概要)
(調査担当:桜井啓子・西村淳一・吉村武典・岡井宏文、情報処理担当:井上貴智)
p.103
8.早稲田大学イスラーム地域研究機構主催・共催事業の特集
多文化環境下における価値の交渉 -イスラームとの共生に向けた発展的研究
p.113
中東・アジアのイスラーム系宗教大学の留学生獲得戦略 -知のグローバル化とローカル化(西村淳一) p.121
第四回中東研究世界大会 -(WOCMES-4) レポート p.124
9.新刊紹介 p.131
10.イスラーム地域研究機構の活動方向―2014年度をふりかえって p.151
編集後記  

Vol.6(2014)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
ラホール国際会議とイスラーム地域研究 (桜井啓子)
p.1
2.紀行文(フォトエッセイ)
イランで出会った女性たち (桜井啓子)
p.3
3.論文
日本から中央アジアへのまなざし:近代新疆と日露関係 (野田仁)
p.11
4.研究ノート
イスラーム世界のヒズメット:トルコ、エジプト、インドネシアの事例報告 (阿久津正幸)
p.23
5.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝6 (訳・註:中町信孝・橋爪烈・原山隆広・吉村武典、註:佐藤健太郎)
p.31
フサイン・ムルーワ著『アラブ・イスラーム哲学における唯物論的諸傾向』2 (『アラブ・イスラーム哲学における唯物論的諸傾向』読書会) p.50
モハンマド・レザー・パフラヴィー期のイランにおける「家族保護法(1967年成立)」についての覚書 (森田豊子) p.55
イラン家族保護法家族保護法(一九六七年六月一五日成立)(訳・註:森田豊子、註:佐藤秀信・貫井万里・細谷幸子・山﨑和美、凡例:爲永憲司) p.58
6.早稲田大学イスラーム地域研究機構主催・共催事業の特集
・イスラームと多元文化主義―共存と共生
・第四回イスラーム地域研究国際会議in ラホール
・中東・アジアのイスラーム系宗教大学の留学生獲得戦略―知のグローバル化とローカル化
p.65
p.71
p.89
7.新刊紹介・新刊案内 p.91
8.文部科学省事業の活動報告―2013年度をふりかえって p.102

Vol.5(2013)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
新しい船出―「イスラーム地域研究」のさらなる発展にむけて(桜井啓子)
p.1
2.紀行文(フォトエッセイ)
サーリヒーヤ物語―ダマスクスのある街区から(三浦徹)
p.3
3.論文
観念化する専制批判―アラブ国外反体制派の源流(岡崎弘樹)
p.19
サブサハラアフリカにおけるイスラーム人口と人間開発(林玲子) p.32
4.研究ノート
海運史料にみるオスマン帝国末期の社会変容(小松香織)
p.43
14 世紀から16 世紀におけるイタリアとイスラーム美術―織物、陶器、装丁、金工品、ガラスを中心に(鎌田由美子) p.51
アフマド・ハティーブについての試論(佐藤卓巳) p.65
5.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝5(訳・註:茂木明石・中村妙子・柳谷あゆみ・阿久津正幸、註:佐藤健太郎)
p.77
イブン・スィーナー著『治癒』形而上学訳註(第一巻第三章)(訳・註:小林春夫・仁子寿晴、凡例:加藤瑞絵、索引:倉澤理) p.103
フサイン・ムルーワ著『アラブ・イスラーム哲学における唯物論的諸傾向』(栗田禎子) p.137
現代イランの「家族保護法案」についての覚書(森田豊子) p.143
イラン家族保護法案(2012 年1 月23 日司法権公表)(訳・註:貫井万里・森田豊子、註:佐藤秀信・細谷幸子・山﨑和美、凡例:爲永憲司) p.148
6.早稲田大学イスラーム地域研究機構主催・共催事業の特集
・エジプトの都市・村落形成をめぐる文明層の解明―ナイル・デルタを中心に
・早稲田大学イスラーム地域研究機構拠点強化事業を振り返って ―「モノ」の世界から見たイスラーム
・イスラームと多元文化主義―イスラームと現代科学技術
・中東・アジアのイスラーム系宗教大学の留学生獲得戦略―知のグローバル化とローカル化
・早稲田大学内のイスラーム関連コーナーの充実
p.160
p.165
p.169
p.174
p.177
7.新刊紹介・新刊案内 p.179
8.文部科学省事業の活動報告―2012年度をふりかえって p.187

Vol.4(2012)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.佐藤次高先生追悼特集
イスラーム地域研究の道しるべ(湯川武)
学問と人生(三浦徹)
よき先輩、リーダーとしての佐藤さん(小松久男)
p.1
p.3
p.6
2.紀行文(フォトエッセイ)
イスラーム復興の時代―激動の中東をめぐる旅から(小杉泰)
p.11
3.論文
中世イスラーム世界の鍋(尾崎貴久子)
p.25
GCCにおける中央銀行制度(金子寿太郎) p.34
ウズベク・ムスリムにおける礼拝用敷物とイスラーム信仰実践(今堀恵美) p.46
4.研究ノート
ヴェイル・長衣・帳:現代イランの公的空間と女性(桜井啓子)
p.59
5.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝4(吉村武典・高野太輔・佐藤健太郎・五十嵐大介・湯川武)
p.65
6.早稲田大学イスラーム地域研究機構主催・共催事業の特集
・十年目の9.11 -国際社会とイスラーム世界はどう変わったか-
・公開講演会「イスラームは、いま」
・アジア・アフリカ学術基盤形成事業 -イスラームと多元文化主義
・ナイル・デルタの環境と文明
p.99
p.102
p.107
p.113
7.新刊紹介・新刊案内 p.118
8.文部科学省事業の活動報告―2011年度をふりかえって p.125

Vol.3(2011)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
25年ぶりのイラク(佐藤次高)
p.1
2.紀行文(フォトエッセイ)
アルジェリア―引き裂かれた文明の旅(私市正年)
p.3
3.論文
バーブル文字に関する覚書(間野英二)
p.11
第二次世界大戦後のテヘラン・バーザールにおける政治組織と社会運動(貫井万里) p.24
地域住民におけるムスリム・イスラーム意識・態度の規定要因―岐阜市調査の事例より― (岡井宏文・石川基樹) p.36
4.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝3(橋爪烈・原山隆広・吉村武典・佐藤健太郎)
p.47
イブン・スィーナー著『治癒』形而上学訳注(第一巻第一章および第二章)(訳・註:小林春夫・仁子寿晴、凡例:加藤瑞絵、索引:倉澤理) p.73
5.京都国際会議レポート
・京都国際会議プログラム
・京都国際会議レポート
・イスラーム地域研究京都国際会議報告(湯川武)
・各セッションについて
p.118
6.新刊紹介・新刊案内 p.141
7.文部科学省事業の活動報告―2010年度をふりかえって p.151

Vol.2(2010)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
くつろぎの水と地域研究(佐藤次高)
p.1
2.紀行文(フォトエッセイ)
エジプトの西部沙漠を訪ねて(長沢栄治)
p.3
3.論文
ヨルダンにおけるガザ難民の法的地位―UNRWA登録、国籍取得と国民番号をめぐる諸問題(錦田愛子)
p.13
『イブン・ハルドゥーン自伝』写本についての一試論(橋爪烈) p.25
4.原典研究
イブン・ハルドゥーン自伝2(阿久津正幸、中町信孝、佐藤健太郎)
p.35
イブン・スィーナー著『治癒』文献解題(小林春夫) p.57
5.研究ノート
スライヤー・カリーモワ「ウズベキスタンにおけるイスラーム期文献史料の研究:成果と課題」(翻訳:木村暁)
p.64
6.カイロ国際会議レポート
・国際会議を振り返って(鈴木恵美)
・カイロ国際会議プログラム
・各セッションについて
p.77
7.新刊紹介 p.91
8.文部科学省事業の活動報告―2009年度をふりかえって p.101

Vol.1(2009)イスラーム地域研究ジャーナル: 目次

1.巻頭
イスラーム地域研究─歴史と展望(佐藤次高)
p.1
2.紀行文(フォトエッセイ)
中央アジア 2008 年夏―ソ連時代の記憶と現代のイスラーム復興―(小松久男)
p.9
3.論文
英占領下のエジプトにおける治安行政と浮浪者問題―1891 年「浮浪者法」の分析から(勝沼聡)
p.14
バングラデシュ農村のマドラサ(日下部達哉) p.23
4.研究ノート
テオドール・ロートシュタイン(1871 ~ 1953)に関する覚書
―エジプト民族運動・イギリス労働史・ソヴィエト外交(栗田禎子)
p.37
イブン・ハルドゥーン自伝講読会(湯川武、佐藤健太郎、柳谷あゆみ) p.45
5.特別レポート クアラルンプル国際会議
・クアラルンプル国際会議レポート
・全体セッションA2:現代アジアのマドラサ(桜井啓子)
・国際会議レポート(大河原知樹)
・ポスターセッション体験記(砂井紫里)
p.59
p.65
p.69
p.71
6.イスラーム地域研究機構発足記念講演会
・記念講演内容
・講演会参加者の声(池田美佐子、堀拔功二)
p.73
7.新刊紹介(細田和江) p.84
8.招聘外国人研究者インタビュー(鈴木恵美) p.88
9.イスラーム地域研究拠点訪問:早稲田拠点(イスラーム地域研究機構)
(カトリン・ウルバッハ、河野明日香)
p.91
10.イスラーム地域研究フォーラム p.93
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる